「実は、今年(2016年)の3月で、直さんのコンサルを卒業しようと思っていました。」

ごく一般的なベビー系教室を社会事業にまで成長させた乳幼児子育てサポート協会・小仁充子先生の事例


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、現役レッドカーペットコンサルティングメンバーで、「乳幼児子育てサポート協会代表」の小仁充子さんから、レッドカーペットのご感想をお寄せいただきましたので、以下にご紹介させていただきます。

スクリーンショット 2016-05-07 16.24.52


以下、とても長いご感想ですが、「志をもって仕事をされている方」は、読まれることをお勧めします。

ゴールデンウィーク、ふと仕事の振り返りをしていたら・・・私、直さんのコンサルに入って、2年10ヶ月も経っていました。

コンサルに入った当初、こんなに長く同じ方に師事するとは、思いもよりませんでしたが、どうしてこんなに長くコンサルを受け続けているのか、自分なりに考えてみました。

実は、私は、今年(2016年)の3月で、コンサルを卒業しようと思っていたんです。

どうしてかというと、長期間コンサルティングを受けることで、直さんに「師事」するではなく「依存」してるような気がしたからです。

私はこの2年10ヶ月、毎日直さんにメッセージで相談をし続けてきました。

1日も欠かさずに。

でも、「これって私がおかしい?相談ではなく依存してるの?」って感じたのです。

だから、コンサル自体をやめようと考えました。

でも、コンサルを継続することに決めました。

どうしてかというと・・・

・私のステージがドンドン変わっていくので、直さんの頭脳が必要

・直さんは、私の弱点を思いっきり理解したうえで、アドバイスを下さるので、私が人間的にも成長できる

からなんです。^^

私は、2013年12月に乳幼児子育てサポート協会を設立しました。

当時は、メンバーさんも片手で数えられるくらい。

ベビーマッサージの資格だけを発行している、小さな小さな協会でした。

ところが、2016年4月現在、協会メンバーさんは35名。

行政から講演を頂いた「もうスーパーでギャン泣きしない!イヤイヤ期の子どもへの声がけ法が分かるらくらく子育て講座」は、全国10都市で開催、現在246名のママに受講していただいています。

認定している資格も、ベビーマッサージ・おやこヨガ・ファミリーハンドサインと、メンバーさんのおかげでググッと増えています。

もっというと、これは表向きの成果だけで・・・。

実は、裏ではもっとすごい事業が動き始めているのです。^^

大企業様相手に、営業をしていたり、行政と組んで事業展開をしたり。

また、大学の研究室と一緒に、ママの子育て環境についての研究も進められる予定です。

これ・・・正直に言うと、私は全くもって「アタリマエ」と思っています。

だって私が実現したいのは「産後うつゼロの社会」だから、今の状態は単なる「過程」でしかないんです。

でも、冷静に見ると、協会設立からたった二年半弱で、ここまでこられるって凄いですよね。^^

これだけ猛スピードで事業が進んでいくので、恥ずかしい話、時折、私の頭が事業スピードに追いつかないことがあります。(汗)

だからこそ、直さんの冷静な分析力と判断脳が、私には必要なんです。

また、直さんは、私の弱点をおもいっきり理解して指導してくださります。

これね、はっきり言ってすんごく恥ずかしいです。

でも、事実、私は苦手なこと・至らないことが、たっくさんあります。^^;

また、いっつもメンバーさんとママたちのために!だけを考えてしまうので、協会本体の運営について、考えが至らないことがあります。

そんな私を、直さんはいつも一番痛い角度から「なぜいまそれをやっているんですか?」と、突き刺してくれます。

これ、本当に痛い、いえ、痛すぎる指摘なのですが、だからこそ、とってもありがたいのです。

また、私はメンバーさんには冷静にいろんなアドバイスをしていますが、私自身のことって、全く分析できてないんですね。^^;

なので、直さんに私自身の「パーソナリティ」について、相談させていただき、アドバイスをいただいています。

恥ずかしいのでほんの少しだけお話しをしますと、例えば

「私は、感情を隠すことができません。私はこのままでいいのでしょうか?」

なんて相談もしちゃってます。^^;
(協会メンバーさん、こんな私ですまん!!!)

こんな相談に対しても、直さんはむちゃくちゃ的確、且つ、論理的な回答をくださりので、私は同じことに何日も悩むこと無く、すぐにスッキリしちゃいました。

(この相談って、このままにしておいたら、あやうく協会だけでなく、家族崩壊するくらいのことだったんです。)

直さんのコンサルがなかったら、きっと、既存の他協会と同じように「利益のみ重視」の団体となり、早々に立ちゆかなくなっていたと思います。

ということで、私は、本当にやめようと思っていたコンサルを

・私のステージがドンドン変わっていくので、直さんの頭脳が必要

・直さんは、私の弱点を思いっきり理解したうえで、アドバイスを下さるので、私が人間的にも成長できる

から、続けようと決めました。

そして、今年は上にも書いた通り、行政や大学と絡んだ仕事が増えていきます。

二年前の私に、今の状態を教えてあげたい。

そうしたら、もっともっと素早く素直に行動できたのに・・・

直さんには常に言われていたことでも、私自身がソレを理解できず、すぐに行動できてなかったことが多々あります。

あれを、あーだのこーだの考えずに、すぐに行動していたら・・・と、いま振り返ると思うのです。

レッドカーペットコンサルは、ホンキで取り組めば、間違いなくあなたの人生が変わります。

あなたが女性なら、家族時間を大切にしながら、収入の桁は必ず増えます。

そして、仕事やりがいも、今の10倍・20倍になります。

そして、「自分の仕事が社会の一端を担える」ということに気づきます。

だから、私は今しばらく、ある意味しつこく、私は直さんにお世話になり続け、そして、「産後うつゼロの社会」を実現しようと思います。

もし宜しければ、あなたも私達と一緒に、社会を1mm動かしましょう!


いかがですか?

小仁さん、仕事に対する「志」が文章からにじみ出て、いえ、吹き出していますよね。

僕は、こういうメンバーさんと、レッドカーペットコンサルティングをご一緒したいと、考えています。

とは言うものの、小仁さんも、元々こうした志があったわけではありません。

レッドカーペットコンサルティングスタート当初は、

・どうやったら教室が満席になるか

を必至に頑張っていらっしゃいました。

小仁さんも、そんな時代があったのです。(笑)

しかし、そこからわずか2年10ヶ月で、ご自身の仕事を社会事業にまで育て上げ、いま、小仁さんが追い求める社会の実現を応援してくれる仲間が全国に35人もいます。

ちなみにこれ、現時点で350人にすることもできたのですが、あえて一桁少ない仲間で地固めする戦略をとってもらっています。

この戦略がどういう結果を生むのかは・・・もうまもなく分かりますので、どうぞ楽しみになさっていてください。^^

僕は、株式会社とNPO法人の運営をしています。

その為、

・儲ける仕事



・社会にインパクトを与える仕事

も、双方0からつくり上げるノウハウがあります。

乳幼児子育てサポート協会は、まさに小仁さんの思いを「社会にインパクトを与える仕事」に変容させた結果。

乳幼児子育てサポート協会は、「産後うつ0の社会」をきっと実現するでしょう。

小仁さんには、それを実現するだけのポテンシャルがありますし、それを実現するだけのノウハウが僕の脳内にはあります。

そして何より、小仁さんの思いを応援してくれる協会メンバーさんが既に全国に35人もいるんですからね。

これって、最高に素敵なことです。

あなたも、あなたの思いを「社会にインパクトを与える仕事に変えてみたい!」という思いがあるようでしたら、是非その思いを行動にしてみましょう。

あなたの「社会にインパクトを与える仕事に変えてみたい!」というお気持ちが本気なら、その社会の実現は僕がお手伝いできます。

レッドカーペットコンサルティング17期生募集は今夜24時で募集終了となります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする