サラリーマン1年生はスーツでバレる。個人事業1年生は●●でバレる。

やる気があるか・盛り上がっているかは、重要ではない。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、通勤ラッシュに揺られながら、朝一で東京駅まで移動しました。

新年度がスタートして2週間。

街中に出ると、リクルートスーツに着られているサラリーマン1年生が目立ちますね。

advice-to-freshers-title

ちなみに、サラリーマン1年生って「名札」が付いて居るわけではないのに、どうして目立つのでしょうか?

その理由は・・・着ているスーツ、革靴、バッグ全てが「まだ似合っていない」からですよね。

冒頭に「リクルートスーツに着られている」と書きましたが、まさにそんな感じです。

サラリーマン1年生は、服装と持ち物で「サラリーマン1年生」だとバレるのです。


ちなみにこれ、個人事業1年生も同じです。

あ、同じと言っても、個人事業1年生は「着ているもの」では、個人事業1年生かどうか、判断ができません。

では、「個人事業1年生」は、何でバレるのか。

実は、個人事業1年生は、

・思考量
・行動量
・スピード感


で、「個人事業1年生」だとバレるのです。

個人事業1年生って、「私、これがやりたい!」だけで事業を始める人が多く、また、「マーケット感覚」が身についていないので、お話をすると、

・思考量が少なく
・行動量も少なく
・スピード感が遅い


人が、とても多いです。

つまり、個人事業1年生は、『喋ると一発で個人事業1年生だって、ばれる』のです。

個人事業の場合、やる気があるか・盛り上がっているかは、さほど大事ではなく、「ゴールに向けた行動ができているかどうか」がとても大切です。

行動できない人は、ゴールに辿り着くことはありませんからね。


気がつけば、僕は今年で、個人事業12年目。

諸先輩方に比べると、まだまだケツの青さが目立ちますが、思考量と行動量を増やし、且つ、スピード感を上げて、今年もバリバリ仕事をこなしていきたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする