ガンバリズムで、自分の行動を美化するのは小6で終わりにしよう。

「結果に至るまでのプロセス」を重要視することは大切ですが、これは子どもだからこそ重要なのです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

2週間位前に、学園の140文字クラブに、
学校では、ガンバリズムが評価されるが、社会では結果が評価される。ガンバリズムで、自分の行動を美化するのは小6で終わりにしよう。

と、投稿しました。

これ、あなたはできていますか?

sport-1260817_1920

ガンバリズム


小学校の時って、結果よりどれだけ頑張ったか、つまりは「結果に至るまでのプロセス」が評価され、褒められましたよね。

でも、これ社会人になってもやっていると、いつまでたっても鳴かず飛ばずのままです。

子供の評価に「結果に至るまでのプロセス」を重要視することは大切ですが、これは子どもだからこそ重要なのです。

社会人に求められるのは結果


社会人に求められるのは結果です。

もっと言うと、「社会人になると結果に至るまでのプロセスとかはどうでも良くて、結果が良ければ全て良し」なのです。

これが、社会です。

もっと結果にこだわろう


ということで、社会人は(望ましいのは中学生位以上の人は)もっと結果にこだわりましょう。

頑張って集客をしても、お客さんが集まらなければ評価は1です。

頑張って事業経営をしても、会社が倒産したら評価は1です。

もっと結果にこだわって仕事をしましょう。

目をつぶるのは辞めよう


つまり、結果がでないことに目をつぶっちゃダメってことです。

結果がでない時は、

・なぜ結果がでないのか
・何をどう改善すれば結果が出るのか


を熟考して再挑戦です。

ガンバリズムで、自分の行動を美化するのは小6で終わりにしよう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする