他人と同じインプットをしていると違う人間にはなれない法則

人の体って、食べるもの(食事)が違えば、出るもの(う●こ)が違います。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、「他人と同じインプットをしていると違う人間にはなれない法則」のお話しです。


よく「私、●●業界で突き抜けたいです!」という人がいます。

G0ErdX

しかし、こういう人を観察していると、他人を見て、「他人と同じことばかり」しています。

「他人と同じことばかり」とは、例えば、
・他人が付き合っている人と自分も付き合い
・他人が参加しているセミナーに自分も参加し
・他人が読んだ本があると聞けば自分もその本を読み

という感じです。

こういう「他人と同じことばかり」している人が、自分の業界内で突き抜けることって、可能なのでしょうか?

結論を言えば、不可能です。

なぜなら、「他人と同じことばかり」しているから。


「業界で突き抜ける」ようなことをしたければ、まず

・他人がしていない行動

をしなければいけません。

go-kart-469722_1920

もっと言うと、「他人が行っていないインプット」をしなければいけません。

人の体って、食べるもの(食事)が違えば、出るもの(う●こ)が違いますよね。

これ、当たり前の話です。

そして、これは「学問」や「ビジネス」でも同じことが言えます。

「学問」や「ビジネス」も食べるもの同様に、入れるものが違えば、出るものが違うのです。

とても、単純な話です。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする