気持ちは「身体」を司り、身体は「仕事」や「生活」を司ります。

「気持ちが弱ってくると、仕事に影響が出る私は、弱いのでしょうか?」


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

学園生と話をしていて、
気持ちが弱ってくると、仕事に影響が出ます。

これって、私が弱いからでしょうか?

まだまだ、ビジネスを舐めているということでしょうか?

と、質問を受けたことがありました。

これ、決して「あなたが弱いから」ではないと思います。

気持ちが弱る
 ↓
仕事が進まない

という構図で考えると、一見、根性論でどうにかなりそうですが、実は上記「↓」の間には、もう一つキーワードが入ります。

そのキーワードとは、「身体」です。

つまり、上記構図は、
気持ちが弱る
 ↓
身体も弱る
 ↓
仕事が進まない

となるのです。

僕たちは人間をしているので、身体が弱ると、仕事はもちろん、日常生活にも影響が出ますよね。

・身体がおもい
・身体がしんどい
・身体の調子がいつもと違う


ときって、仕事でも日常生活でも、いつも通りのパフォーマンスって出ませんよね。

これ、当たり前なのです。

僕たち人間は「身体」を使って、全てのパフォーマンスをしているのですから。


では、「仕事が進まない」時にはどうすれば良いのか。

これは、簡単で、仕事が進まない時は、意図して「身体を休める」ことが重要です。

この「身体を休める」をすっ飛ばして「気持ちを休める」をやろうとしても、中々うまく行きません。

なぜなら、気持ちの影響で、身体が疲弊しているからです。

ですから、仕事が進まない時は、意図して「身体を休める」をする。

これ、非常に効果的ですので、「気持ちが疲れた時」には、ぜひ実践してみてくださいね。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする