やったことも無いのに挑戦する前にビビる「不安の前払い」は辞めよう。

「不安の前払い」は、健康にも未来にも良くないです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

ここ最近、オフ会を連続開催しています。

o0800053313541251542
オフ会では、初めましての方に多くお会いし、事業のご相談をいただくことが多いです。

僕は、ご相談をいただきと「それならこうすると良いですよ!」という案がすぐに複数浮かぶので、オフ会でもどんどんアドバイスしちゃいます。

すると・・・

「どうすればいいですかね?」と質問してきたのはそっちなのに、僕があれこれアドバイスすると

「でも・・・」
「ちょっと・・・」
「それって・・・」


って、尻込みする人が多いです。

これって、やったことも無いのに挑戦する前にビビる「不安の前払い」ですよね。

不安の前払いは、それをして特をすることはまず無いので、やらないほうがいいです。^^


例えばで、「赤ちゃん」を例に考えてみましょう。

赤ちゃんって、
そろそろ、座ってみたいな。

でも、すわったら、こけて、ぼかーんって頭打っちゃうかな。

もしそうだと、カナリ痛いし、辞めとこうかな。


とか考えて、「おすわり」を覚えるでしょうか?

赤ちゃんは、
コレ食べてみたいなー!

けど、

食べてみる
 ↓
めっちゃうまい
 ↓
もう1つ食べる
 ↓
喉に詰まる
 ↓
かなり苦しい

ってことになったらややこしいから、やっぱ辞めておこうかな。


とか考えて、食べ物を口にするでしょうか?

いずれも、違いますよね。(笑)

赤ちゃんは、まずはやってみる。
そして、失敗したら、次の作戦に出てみる。

の繰り返しですよね。

これ、赤ちゃんのみならず、幼稚園児も、小学生も同じです。

人は、失敗しながら成長する生き物なんです。

むしろ、「失敗しないと成長できない生き物」ということができるかもしれません!!

だったら・・・「これやったら失敗するかも。」といかいう「不安の前払い」ばかりして前に進まないなんて、本末転倒ですよね。^^

不安の前払いは、今日この瞬間でおしまい。ここからは、「失敗したら違う方法を試してみる」という、あなたが本来持っている歩き方で、前に歩いてみましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする