「定休日」を守る前に「機会損失」を考えよう!

商売を行っている以上、機会損失を限りなく0にするって、とても重要です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、子どもたちのクリスマスプレゼントを買いに行った時のこと。

あろうことか、目的のお店が定休日でした。(涙)

094422
これ、相当ショックでした。

また、スケジュール的には、どう頑張っても「明日また来よう!」とはできませんでした。

そこで・・・

僕は何をしたでしょう?

はい、当然ですが、「近隣に、購入したい品物が置いてあるお店がないかどうかをその場で検索」しました。

結果、ちょっと離れたところに、購入したい品物がある年中無休のお店がありました。

しかも、クリスマスラッピングが無料とのこと!

これにはとても助かりましたし、今後はこちらのお店に優先的に来ることになるかと思います。


「定休日」を守るのもいいですが、時期を考慮しないと、定休日を厳守するだけで、大きな「機械損失」に直結することもあります。

機械損失とは、「買い需要があり、売る側に売る意志があるにもかかわらず、売る側の都合で取引が成立しないことに伴う売り上げの減少」のことをいいます。

売り上げって、簡単なことで上がり、簡単なことで下がります。

商売を行っている以上、機会損失を限りなく0にするって、とても重要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする