平等を履き違えるな!

商売における平等とは、「優先権」をつけて販売することです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園の授業で「商売における平等を履き違えると、ずっこけますよ。」というお話をしてきました。

よく、「皆さんに平等にお申し込みを頂きたいので、教室の募集は日時を決めて一斉に行っています。」という人がいますが・・・

それ、あなたの自己満で、お客さんからすると、平等でもなんでもありません。

むしろ、迷惑です。

商売における平等とは、「よーいどん!」で申込受付開始!とすることでは、ないのです。

商売における平等とは、Aクラスのお客様から販売をスタート、その後、Bクラスのお客様、Cクラスのお客様と販売し、最後に一般のお客様に販売という風に、「購入優先権」をつける事をいいます。


飛行機だって、ファーストクラスの人から乗ります。

新幹線だって、グリーン券を持っている人だけが、グリーン車に乗ることができるのです。

相応のサービスを受けるために、価格帯を複数作るのは、当然のことで、これをすることこそが、平等を作ることになるのです。

これ、他人の事例で考えると、よくわかりますよ。

例えば、飛行機や新幹線で、「みなさん、よーいどん!で乗って下さいね!」とか言ったら、どうなりますかね?

きっと、日本でも暴動が起きますよね。(笑)

みんな一斉に「よーいどん!」は、超不平等なのです。

商売における平等とは、「優先権」をつけて販売することです。

ここ間違えると大ゴケしますので、注意してください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする