「ブログで何が言いたいのかわからない人」のためのブログの書き方

ブログって、・短文で・言いたいことが明確で・リズムのある文章設計が、大切です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

よく、ブログの文章が、3スクロールしても、5スクロールしても、永遠と続いている人って、いますよね。

simbladetrackballmouse2
そういう人の文章って、大概、何が言いたいのかわかりません。(笑)

これ、理由は明確で、そういう人は、

・そもそも言いたいことが明確ではないから

です。


文章って、長くなればなるほど、書くのが難しくなります。

・主語
・述語
・接続詞


の関係が、文章が長くなればなるほど、難しくなるんですね。

にも関わらず、短文で言いたいことを伝えられない人は、長文を書けば言いたいことが伝わると勘違いし、長文を書いてしまうのです。

これ、ど勘違いです。


特にブログは、

・短文で
・段落ごとに言いたいことが明確で
・上から下までリズムのある流れになっている

ことが大切。

ブログは、読まれているのではなく、見られているのです。

もっと正確に言うと、スクロールしながら、「見られ読み」をしているのです。

ですので、

・短文で
・段落ごとに言いたいことが明確で
・上から下までリズムのある流れになっている


ことが大切なのです。

まずは今日から、「短文構成の記事作り」を、心がけてみましょう。^^


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする