レッドカーペットコンサルティングを2年2ヶ月受講しているメンバーさんの感想

私が実現したいこと、それは「産後うつゼロ」の社会です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

「アメブロがある日突然なくなっちゃった理論生活」12日目。

10日を過ぎたー!と思っていたら、この生活も「2週間経過」が目前になってきました。

結構いけるもんですね。(笑)

さて、本題です。

現在募集しているレッドカーペットコンサルティングは、13期生ですが、このレッドカーペットを1期生からずーーっと受講し続けている方がいらっしゃいます。

その方とは、「乳幼児子育てサポート協会代表」の小仁充子さんです。

今日は、その小仁さんから「レッドカーペットコンサルティング」のご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきますね。
ここ2ヶ月ほど、かなり悶々としておりますレッドカーペットコンサルティング1期生の小仁(こに)です。^^;

私が実現したいこと、それは「産後うつゼロ」の社会です。

産後うつゼロを実現することで、2人目、3人目の出生率もあがり、虐待も減ります。

ですので、産後うつゼロを掲げて、直さんのお力添えで協会を立ち上げ、ステキなメンバーさんに恵まれて活動を続けています。

まだあと2ヶ月ありますが、今年は、

・乳幼児子育てサポート協会のメンバーさんが20名を突破
・尼崎市、尼崎市教育委員会後援事業を実施&超満席
・全国7都市で開催する講座がすべて満席&増席
・大企業2社と商談


ということを行ってきました。

レッドカーペットコンサルを受け始め、早くも2年2ヶ月。

2年2ヶ月もの間、レッドカーペットコンサルティングを受け続けている私が、なぜここ2ヶ月悶々としていたかというと…。

・あるべき協会の姿に、私自身が追いついて行けなくなったから

・実現したい!と考えていたことが、頓挫していたから


です。

「産後うつゼロ」という実現したいことが大きすぎて、不安や迷いが募り、かなり悶々としてしまいましたし、頑張って動いても動いても、大きな壁が立ちはだり、本当にきつかったです。(涙)

でも、今はすっきりして、また前に進み始めましたよ♪

どうして、今はすっきりしているかというとね、2つの理由があって…。

・悶々としている間も、呆れず、諦めず、なおさんが私を支えてくださったから

・レッドカーペットにしかない、マンツーマンの対面コンサルでじっくりお話できた


からです。(*^_^*)

今回の私の悶々は、手ごわくって、普段より私の行動量が減ってしまったのです。

ですが、少しでも行動したら、なおさんが的確なアドバイスをしてくださったので、悶々とした中でも、ホンの少しずつですが前に進むことができました。

また、時には厳しい言葉もいただきましたし、温かい言葉もかけていただきました。

その厳しい言葉は、図星過ぎて返信できませんでしたが、温かい言葉をいただくと、モチベーションもあがりました。^^

あ、なおさんが年下なのに、うまいこと飴とムチを使い分けられてるのかな。(笑)

つまりは、私が実現したいことを心から理解し、また、私の性格もしっかりと把握したうえで、指導(コンサル)してくださるってことですね♪

更に、マンツーマンで直さんとガッツリ話ができる対面コンサルで、深いお話をしてくださって、私の気持ちは晴れて、スッキリと前に進み始めたのです。

これがなかったら、私はまだ、悶々の真っ最中だったと思います。(汗)

先日の対面コンサルで教えていただいたのは「公益事業の難しさ」です。

私は、サラリーマン時代に1か月に4億から5億のお金を使って、雑貨や衣類を企画・バイイング・販売をしていました。

ですので、商品を開発して販売をするというのは、得意分野なのですね。

でも、今わたしが実現したいことは、「社会を動かす」ということ。

これは、お金を使えばいいというものではありません。

社会を動かすためには、たくさんの人や組織を巻き込んでいかなくてはいけません。

協会自体の収益を上げながら、社会を動かす公益事業の難しさと、意義、やりがい、方法について直さんはマンツーマンで教えて下さっています。

公益事業について教えてくださるコンサルタントって、他にいるかな…?

私は、直さんの他には知りません。

なおさんご自身が、NPO法人と株式会社を経営、さらに障害児者のプロデュース事業と幅広いお仕事をし、全てにおいて成果を出されているので、どんな分野に対しても的確なアドバイスをくださるのだろうと思います。^^

ということで、日々の丁寧なメールコンサルと、マンツーマンの対面コンサルでの的確なご指導のおかげで、私は深い悶々から抜けだして、前に進み始めることができました。

ちなみに、今回の対面では、今までメインで考えていた事業について、ゼロベースで考えなおすことにしました。

メインの事業をゼロベースで考え直すって、とてつもなく勇気がいることです。

でも、わたしは怖くありません。^^

だってね、なおさんが膨大な知識と経験、分析力を活かしたアドバイスで支えてくださるから。

ゼッタイに、私が行動し続ければ、必ず実現したい社会に近づけるって信じています。(*^_^*)

もし今、あなたが実現したいこと(収入や社会、事業など)があるなら、私はレッドカーペットコンサルを、心からオススメしますよー♪

行動するのは、あくまでも私たちであって、なおさんではありませんが。

あ、あと、これついで的に書いちゃいますが…。

レッドカーペットコンサルに入ると、ものすごーーーーーーく刺激的で、ホンキで仕事に取り組む仲間ができます。

これね、すんごいすんごい、心強いです。

経営者、個人事業主って孤独です。

でも、同じような想い、覚悟、責任をもって仕事をしている仲間ができること…これはなんににも代えがたい、とてつもない財産です。

夢を夢で終わらせない。

私は、ゼッタイに産後うつゼロの社会を実現します。

あなたも、私達と一緒に、夢を現実に変えませんか?


乳幼児子育てサポート協会代表の小仁さんは、協会を主催しながらバシバシ結果を出していますので、

・手が届かないすごい人

っと目に映るひとが多いようですが、実は違います。

ふつーです。(笑)

ふつー過ぎて、対面の時、僕によく喝を入れられています。

小仁さんも書かれていましたが、「社会を動かす」って、難しいんですよ。

どのくらい難しいかというと、

・激むずーぅぅ(IKKOさん風)

という感じです。

でもね、「産後うつを0にする」って決めたのも、未来のママたちの為に頑張るって決めたのも、公益法人で頑張るって決めたのも小仁さんなのです。

ですので、ふつーの思考と行動をしているときは、僕は厳しく一括しています。

なぜなら、小仁さんは「産後うつを0を実現できる人」だから。^^


社会を動かすって、まじ「激むずーぅぅ」なのですが、やる必要性も価値も高いのです。

なぜなら、産後うつって社会問題だから。

社会問題は、誰かが立ち向かわないと行けないんだから。

僕も、「障害者スポーツ」という分野で公益法人を運営していますので、社会を動かす難しさは、よく理解しています。

でも、「動かすコツ」や「動かせた時の価値」も、十分理解しています。

ですので、小仁さんには、これからも「産後うつ0の社会を実現する為」に、頑張ってもらおうと思います。(`・ω・´)ゞ

小仁さん、この瞬間からも改めて頑張りましょうねー!

あなたも、小仁さんのような先輩と一緒に、ビジネスづくりを、社会を動かすという行動をしてみませんか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする