「割引のことを知らない人からは全額もらおう」という超スケベ心は捨てろ!

スケベ心を出したビジネスでは、お客さんはファンになりません。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

よく「JAFカードを持っていると、施設利用料が10%割引になります!」とかいうサービスありますよね。

これ、ユーザーにとってはすごくい位サービスだと思うのですが・・・

そのサービスが使えるにもかかわらず、施設利用料を支払う窓口で、その割引サービスが使える旨、インフォメーションしていない施設って、結構多いです。

これ、NGですからね。

jaf_img01

使える割引サービスがあるのに、そのサービスのインフォメーションしていないって、要は「割引のことを知らない人からは全額もらおう」という、超スケベ心ですよね!

これ、ユーザーにバレると、超嫌われます。


端的に言うと、こんなスケベ心をだすなら、その割引サービスを導入しなければいいのです。

スケベ心を出したビジネスでは、お客さんはファンになりません。

割引サービスを導入するなら、正々堂々と存分にやりましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする