SNSの中で、攻撃的な言葉に攻撃的な言葉で応戦しても、何も良い結果は生まれません。

もっと意識的にテキスト(文字)で考え・思い・情報を伝えるトレーニングをする必要がある


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

SNSで複数のグループを管理していると、「言葉」に関するトラブルがたまに見受けられます。

一昔前は、

・メール
・チャット
・LINE


等々、テキスト(文字)でお互いの考え・思い・情報を伝えるなんてしなかったので、こうしたトラブルは少なかったと思います。

しかし、現代は「声」や「表情」よりも「文字」でお互いの考え・思い・情報を伝えることがもはや当たり前。

であるのならば、僕たちはもっと意識的に

・テキスト(文字)で考え・思い・情報を伝えるトレーニング

をしないといけませんね。


SNSの中で、攻撃的な言葉に攻撃的な言葉で応戦しても、何も良い結果は生まれません。

しかし、そうしたトラブルが原因で、人を気づけたり、気を悪くさせたり、時には命まで奪ってしまうなんていう悪い結果は生まれてしまいます。

現代に生きる僕たちは、もっと意識的にテキスト(文字)で考え・思い・情報を伝えるトレーニングをする必要があるのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする