小学生でも知っている、教室の売上計算方法

必要なのは、足し算・引き算・掛け算・割り算の4つ


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

今日、昼のアメブロに「小学生でも理解できる「需要」と「供給」のお話」をご紹介しましたが、小学生シリーズは、まだまだ続きます。

この時間にお伝えするのは、「教室でも士業でも、売上計算は小学生でも知っている計算式しか使いませんよ。」というお話です。


「直さん、私の教室全然売上が上がらなくて・・・」

とご相談を受けたとき、僕が真っ先に伺うのは、

・教室の単価
・生徒さんの数


の2つです。

「直さん、私の教室全然売上が上がらなくて・・・」

という方は100%の確立で、このどちらか、または両方が、足りていません。

つまるところ、「教室の単価が十分」で、「生徒さんの数も十分」なら、その教室は、売上が上がるっていうことです。

だって、教室単価が1万円で、生徒さんが月に100人来たら、

1万円×100人=100万円の売上

ですもんね。

これ、教室を例にしてお話しましたが、士業の先生も同じです。


売上計算って、

足し算
引き算
掛け算
割り算

ができれば、100%計算できるってことです。

NIMOKAKAWARAZU!

大人が「私の教室全然売上が上がらなくて・・・」って、おかしいですよね。

これ、何でこんなおかしなことになるのかというと、
・適当に価格付けをしている
・必死のパッチで生徒さん(お客さん)を確保していない


の2つが原因です。

いいですか、売上が上がらないのは、難しい計算ができないからではなく、
・適当に価格付けをしている
・必死のパッチで生徒さん(お客さん)を確保していない


の2つが原因なんです。

つまり、ここを修正すれば、売上は上がります。^^

簡単ですねー。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする