「直さん、ブログのメッセージやコメントで、具体的なご質問をいただいて、困っています。こういう時はどうしたら良いですか?」

あなたが『ピノキオ天狗』になって・・・いませんか?


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

「直さん、ブログのメッセージやコメントで、具体的なご質問をいただいて、困っています。こういう時はどうしたら良いですか?」

と、ご質問をいただきました。

ブログやメルマガで質問を受けた時は


ブログやメルマガで質問を受けた時は、

・ブログで頂いたご質問はブログで公に回答していいかどうか聞き、OKならブログで公に解答(いただいた質問も転載)する

・メルマガで頂いたご質問はメルマガで公に回答していいかどうか聞き、OKならメルマガで公に解答(いただいた質問も転載)する

です。

簡単ですね。

簡単なのに・・・ちょっと自分がその業界で有名になってくると(正確には有名になってきたと勘違いすると)、

「メッセージやコメントで質問してくるなんて、何て失礼なやつだ!」

とか、言っちゃったりする人がいます。

これ、失礼なのは、あなたです。

こう思った時は、あなたが『ピノキオ天狗』になっていることを、自覚しましょう。

pinocchio-595732_1280

人ゴトで考えてみれば分かります


例えば僕は、

・このホームページ
・アメブロ
・メルマガ各種


で、事業経営と集客に関することを、あれこれ書いています。

そんな僕の記事を読んだ人が、問い合わせフォームやメルマガの返信で僕に質問をしてきたとしましょう。

これ、失礼な行為なんですかね?

これ、非常識何ですかね?

正解は、失礼でも非常識でもなく「当然あるであろう事象」ですよね。

であるにも関わらず、僕が、

「問い合わせフォームやメルマガの返信で質問してくるなんて、失礼極まりないので辞めてください。」

って言ったら・・・あなたは、僕のことをどう思いますか?

「テメー、ピノキオ天狗になってんじゃねーぞ!!」

って、思いますよね。

僕なら、そう思います。

ね、人ゴトで考えると、よくわかるのです。

むしろそれは「とてもオイシイこと」なのです


ちなみに、ズバリお話しをしますと、「問い合わせフォームやメルマガの返信で質問がもらえる」ということは、失礼どころか、とてもオイシイ話なのです。

なぜなら、それが出来るということは、あなたは「会わずして」読者さんとコミュニケーションを取ることができている、ということですから。

通常、人と人とがコミュニケーションを取るのは、「対面している状態」でのみできることです。

しかし、インターネット時代の現代は、「会わずして」読者さん(お客さん)と、コミュニケーションを取ることが出来るんですね。

これ、素晴らしいことですよね!

まとめ


ということで、

「ブログのメッセージやコメントで、具体的なご質問をいただいて、困っています。」なんて言って入る暇があったら、せっせと頂いたご質問に、片っ端から解答をしていきましょう。

ちなみに、僕の場合は、ブログ等で頂いた質問にお答えするのはもちろん、Twitterでもこれをやっています。

「会わずして」読者さんとコミュニケーションを取れる=チャンス! です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする