教室ブログに屋号を炸裂させている人が未だに多いです。

「お問い合せは、ピッカピカサンシャインまでお気軽にどうぞ!」はNGな訳です


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

「教室では、それダメだよー!」って言っているのに、教室ブログに屋号を炸裂させている人が未だに多いです。

例えば、僕の教室の屋号が「ピッカピカサンシャイン」だったとしましょう。

ださいけど。(笑)

この場合、ブログに

「ピッカピカサンシャインでは・・・」
「ピッカピカサンシャイン教室は・・・」
「お問い合せは、ピッカピカサンシャインまでお気軽にどうぞ!」


とか、書いちゃうわけです。

これ、完全にNGです。(汗)

ちなみに、これをやりたがる人は、屋号に横文字(カタカナ)を使っていて、一般的には意味がよくわからない言葉を使っています。

ですので、読者からすると、完全に意味不明です。(笑)


あのですね、はっきり言っちゃうと、あなたは屋号を言いたい(覚えてもらいたい)かも知れませんが、あなたのお客さんは、あなたの屋号なんて、興味はなんです!!!

お客さんの興味があるのは、あなた自身です!

まずは、これ、よく理解して下さい。

口を酸っぱくして言っていることですが、ブログは「個」が大切なんです。

ですので「個」が出ない行為=屋号を炸裂させる行為は、辞めましょう。


では、具体的には、どうすればいいのか。

これは、簡単で、「ピッカピカサンシャインでは・・・」としているものを、

「齊藤の教室では・・・」

とすればいいわけです。

簡単ですね。^^

あ、ついでに言っておきますと、

・お店
・サロン


でも屋号炸裂はNGですが、ブログやアナログ媒体で、屋号を意図的に使うことは必要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする