「直さん、参加費1000円って、高いですかね?」

「参加費」は月商設定から逆算して考えてくださいね


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

「直さん、参加費1000円って、高いですかね?」と、ご質問をいただくことが、あります。

720

えと、高い高くないで言えば、高くないです。

全く。

ちなみに、こういうご質問を頂いた時、必ず僕から質問することがあります。

その質問とは、

「あなたの月商設定はいくらですか?」

という質問。

あ、月商って、月の売上のことです。


例えば、月商設定が20万円だった時、参加費1000円で教室を開催しているなら、月に200人に指導をしなくてはいけないということです。

ちなみに、稼動日が月に10日だった場合、1回の参加人数が20人。

ということは、自宅リビングで教室を開講している人だと、自宅リビングが公民館くらいの広さがないと、辻褄があいません。(笑)

img-multi_room-main

つまり、

・月商設定と参加費設定が噛み合っていない

ということになります。


参加費設定は、「大体●円くらい?」という感じで適当にやると、こけます。

いえ、大ゴケします!

ということで、どうぞ、月商設定から逆算して考えてくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする