マグロビジネスで一番儲かるのは誰? その2

ここでいう料理人とは、教室で言う「あなた」です。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

今日は、昨日書いた「マグロビジネスで一番儲かるのは誰?」の続編です。

「昨日のマグロビジネスで一番儲かるのは誰、って何?」という方は、こちらをお読みになってから、この記事をお読みくださいね。

057sk1280x960k


では、行きます!

昨日の記事で、マグロビジネスで一番儲かるのは、普通に考えると

1.漁師さん

ですが、僕的には、

4.小売業者さん(スーパーや料理店等)

ですって、お伝えしました。

これ、理由があって、「4.小売業者さん(スーパーや料理店等)」だけができることがあるんです。

さて、それは一体、何でしょう?

10秒差し上げますので、考えてみてください。

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

考えつきましたか?

「4.小売業者さん(スーパーや料理店等)」だけができること、それは、

・付加価値付け

です。

解説しますね。


1.漁師さん
2.市場の人
3.仲卸業者さん

は、マグロをマグロとしてしか売ることができません。

マグロが商品なので、当たり前といえば当たり前ですが、

1.漁師さん
2.市場の人
3.仲卸業者さん

にとっての商品って、「マグロ」です。

でもね、

「4.小売業者さん(スーパーや料理店等)」の特に『料理店』にとっては、マグロは「素材」であり、商品は「料理」です。

つまり、「料理人の腕」があれば、仕入れた1柵のマグロに、仕入額の10倍、100倍の付加価値をつけた「料理」として、売ることができるわけです。

料理に、素材原価の内訳なんて、関係無いですからね。^^


ちなみにこの料理人って・・・

教室でいうところの「あなた」です。

教室講師は、素材を素材として、つまり、

・お花をお花として
・習ったベビー系商材をそのまま
・あの本にもこの本にも書いてあるノウハウをそのまま


売ろうとしても、当然売れません。

なぜなら、その素材に「付加価値」がついていないから。

「教室講師の腕」は、いかに「付加価値」をつけられるかどうかなんです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする