ブログの書き方:「詳しく書く=丁寧」ではありません

良質な記事は軽快に読み飛ばしができる記事


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、コンサルメンバーさんに、

「詳しく書く=丁寧」ではないんですよー!

というお話しをしていました。

e0063212_23521450

よく、「ブログは丁寧に書きましょう。」とお話すると、教室でやることをあれもこれも、事細かに書く方がいらっしゃいます。

これ・・・

読んでいる方は、しんどいです。(汗)

その理由は、「中々読み進めることができないから」です。


あなたも「読者として」ブログを読んでいるときは、無意識に「読み飛ばす」という行為をしていますよね。

例えば、この記事だって、読み始めてからこの行に至るまでには、1・2秒しかかかっていないはずです。

つまり、一言一句は読んでいませんね。

これが、「読み手がやること」なんです。

だとしたら!

書き手は、読み手が読みやすい記事を書くことが大切。


と、ここまでお話をすると、「読み手が読みやすい記事ってなによ!」ということになりますよね。

では、お教えしちゃいます。

読み手が読みやすい記事は、
1.必要なことだけが完結に書いてある
2.リズムがいい
3.強調段落だけを読んでも意味がわかる


です。

まずは、今日書かれた記事を、この3つを守って、修正してみてください。

ぐっと読みやすくなるはずです。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする