「当教室 ・当サロン ・当カウンセリング事務所」という表記は今すぐ辞めよう!

格好をつける前に、媒体特性を理解して、基本ルールを守ってみましょう。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、コンサルメンバーさんに「当教室という書き方は、今すぐ辞めましょう。」と、お話しをしました。

教室・サロン・カウンセリング等、「自宅でできるもの」で開業する人、下ばかりの人は、自分の教室・サロン・カウンセリング事務所を大きく見せたいので、

・当教室では
・当サロンでは
・当カウンセリング事務所では


という言葉を使いますが・・・

これ、完全にドNGですからねっ!!

lgi01a201402232200

昨年も28回位言っていますが、ブログは「個」が出て初めて信用される、慕われるインターネット媒体なんです。

だから、

・当教室
・当サロン
・当カウンセリング事務所


とか、「個」が見えいない表記・表現をしたら、絶対にダメ。

当教室
 ↓
私の教室 または 齊藤の教室

でいいんです。

格好をつける前に、媒体特性を理解して、基本ルールを守ってみることを、おすすめします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする