あなたのお客さんは、「あなたの価値を最大限に引き伸ばしてくれる人」ですか?

コッテリ系とあっさり系は分けれるけれども・・・


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

商売をしていて、結果を出す人と出さない人って、●●が確実に違います。

●●に入るものは、

・商品
・販売力


など、色々な言葉が入りますが、今日ここでお話しをしたいのは、

・お客さん

です。


商売をしていて、結果を出す人って、「その人の価値を最大限に引き伸ばしてくれる人」が、お客さんになっています。

逆に、商売をしていて、結果を出さない人って、「その人の価値を最大限に引き伸ばしてくれる人」が、お客さんになっていません。

これ、ラーメン屋の例で考えてみましょう。


いま巷には、●●系ラーメンって、沢山ありますよね。

で、それらのラーメン屋さんって、必ずと言っていい程、店の外には、常に長い行列。

20090803ramen
これ、●●系がこってりだろうが、あっさりだろうが、

・そのラーメンを愛してやまない人、つまり「そのラーメン屋の主人の価値を最大限に引き伸ばしてくれる人」が並んでいる

んです。

そして、何時間も並ばされているのに、

「やば。」
「ウマ。」


といって、ラーメンを食べて、お金を払って帰ってくれる。

これ、よくよく考えると、凄いですよね。(笑)

ちなみに、こういうお客さんが後を絶たないから、そのラーメン屋さんは、ずっと商売が繁盛しているんですね。


逆に、全然売れないラーメン屋さんって、確かに味も悪いかもしれませんが、

・その悪い味のラーメンを「こ、これを求めていたー!」とか言っちゃうお客さんに出会えていないこと

が、商売がうまくいかない原因です。

現実問題、悪い味のラーメンを食べて「こ、これを求めていたー!」という人は少ないかもしれませんが・・・

コッテリ系大好き人間は、あっさり系のラーメンが理解できません。

また、あっさり系大好き人間は、コッテリ系ラーメンが理解できません。

ね、人は好き好きがあるんです。

大切なことは、

・あなたの提供する商品、世界を愛してやまないというお客さんがいるかどうか

です。


さて、2015年。あなたと、あなたが提供するサービス(商品)の価値を、最大限に引き伸ばしてくれるお客さんは誰でしょう?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする