「結果=シンボル」には人が集う法則

僕がコンサルメンバーさんに「結果を出しましょうねー。」ってお話をする理由


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

僕はよく、コンサルメンバーさんに「結果を出しましょうねー。」ってお話をしています。

これね、実は理由があるんです。

ちなみに、僕の言う結果とは、

・満席
・売上アップ
・受賞
・今までに無いことが起こる


などを、総称しています。


例えば、記憶にあたらしいのは、今年「乳幼児子育てサポート協会」代表の小仁充子さんが受賞された尼崎ソーシャルビジネスプランコンペ大賞。

o0720096013116537189


これって、大賞を受賞しても、

・ハワイ旅行とか
・熱海温泉ペア1泊分旅行券とか
・オーブンにもなる電子レンジ


とかは、もらえません。(笑)

そういうのはもらえませんが、

・尼崎ソーシャルビジネスプランコンペ大賞というシンボル

を、いただくことができますね。

このシンボルって、人目につくんです。

例えて言うなら、暗がりに1つだけある電飾をまとったクリスマスツリーみたいな感じ。

目立ちますよね。

そして、人が集まってきますよね。

そうなんです。

結果=シンボルとは、人目につくうえに、人が集まってくるんです。

つまり、結果を出し続けるためのはじめの一歩が「まず1つ結果を出す」ということなんですね。^^

結果=シンボル

です。


今年あなたは、いくつのシンボルを手に入れましたか?

ちょうどいい機会なので、今年手に入れたシンボルをノートに書き出してみましょう。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする