情報も思いも、「伝えたかどうか」ではなく、「伝わったかどうか」が大事なんです。

「伝えた」と「伝わった」はベツモノです。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

直さんは、ブログは、小学6年生でも理解できる言葉で書くといいとおっしゃいますが、私の読者さんは、お母さんです。

ですから、ちょっと難しい単語や言葉を使ってもいいと思うのですが、いけませんか?


と、ご相談をいただきました。

えっとですね、これ、やっぱり小学6年生でも理解できる言葉で書いた方がいいです。


伝言ゲームって、知っていますか?

「人参とじゃがいもと玉ねぎ買ってきて。カレーじゃないよ、今夜はシチューね。」

みたいな文章を、何十人かが並んで、隣の人に耳元でコソコソ伝えていくあのゲームです。

zu_2
この伝言ゲームって、実は「絶対に勝てる方法」があるんです。

その方法とは、

・短かい文章を
・小学生でも知っている言葉だけでつくり
・文節ごとに区切って伝えること


です。^^

逆に、

・長い文章を
・専門家じゃないとわからない言葉をいれてつくり
・「、」を使わず一気に伝える


と、2・3人目で、もう情報が異なっています。(笑)

これが、「伝わる」の基本です。


情報も思いも、「伝えたかどうか」ではなく、「伝わったかどうか」が大事なんです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする