満席を連発するためには、「満席じゃないことに違和感を覚えることが大切」

どこに違和感を感じていますか?


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

「当たり前」ってありますよね。

この当たり前って、簡単に真反対に動いてしまうって、知っていますか?


例えば、あなたの教室がいつも満席にならないとします。

これ、何度か繰り返すと、「満席にならないのが当たり前」になりますよね。

そんなあなたの教室が、ある時満席になるとします。

すると、あなたは、嬉しいはずの満席に「違和感」を覚えます。

IMG_0498
でもですね、

僕をはじめ、僕のコンサルメンバーさんは、「教室は満席が当たり前」です。

そんな僕達は・・・「満席にならないことに違和感」を覚えます。

これ、大差のように見えますが、実は、微差です。


僕も、僕のコンサルメンバーさんも、はじめから教室が満席だったわけではありません。

やるべきことを繰り返しながら、

満席
 ↓
満席じゃない
 ↓
満席
 ↓
満席じゃない
 ↓
満席
 ↓
満席
 ↓
満席


という感じで、徐々に満席教室を増やし「満席が当たり前」と感じる境地に、自分を連れて行ったんです。

「満席が当たり前」と感じる境地に来ると、満席じゃないことに違和感を覚えます。

こうなったら、儲けもの!

人は「違和感」が嫌いなので、無意識のうちに、なんとかして空席を埋めようと、つまり、満席にしようと、あの手この手をうちます。

そして、また「満席」になります。^^

満席を連発するためには、「満席じゃないことに違和感を覚えることが大切」なんですねー。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする