「あることを伝える」のと「押し売る」は、別物です。

「あることを伝えない」のは「押し売る」同様にやってはいけないことです。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

日頃、コンサルメンバーさんには、
商品は、あることだけを伝えればOKですからね。

決して、押し売りをしてはいけませんよ。


と、お話をしています。

1d906046f14f4f6f84801edc90575cf2
ちょっとこれ、解説をしますね。


皆さん、

・商品があることを伝える



・押し売り

を混同しがちですが、この2つって、全く違いますからね!

具体的にお話をしますと、
ねぇねぇ、●●さん、●●さんは、僕のレッドカーペットコンサルティングを受けたら、絶対売上が伸びると思うんだよね。

だって

・理由1
・理由2
・理由3

だから。

実は、近く8期生の募集をするから、是非申し込んでね。

僕、全力で応援するから。

あ、ちなみに事前支払いだから、30万円用意しておいてね。


と言うのが押し売りで、

これは「商品があることを伝える」という行為です。

全然、違いますよね。


この違いを理解していない人は、2つの行動に出ます。

1つ目は、違いを理解していないから、常に押し売りをしてしまう。

2つ目は、違いを理解していないから、商品があることも伝えずに黙っている。


です。

押し売られると思われるのは嫌だからと、上記の後者(商品があることも伝えずに黙っている)をする人がいますが・・・

それって、電気屋に行って、「プリンタはどこにありますか?」って、聞いているのに、「わかりません」って、言われるようなものです。

これって、お客さんの立場からすると、ムカつきますよね。

買う買わないを決めるのは、あなたではなく、お客さんです。

ちなみに、折角のチャンスなので、ズバリお伝えします。

「あることを伝える」って、商売人のミッション(やらなければいけないこと)ですからね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする