目の前の一人のお客さんを大切にできていますか?

「やっていますか?」と聞いてくれるお客さんを大切にできていますか?


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

昨日、打ち合わせに向かう際、目的日ちょっと早めに着いてしまったので、ブログでも書こうと、コーヒーショップを探しました。

そうしたら、ちょうどいいところに、喫茶店(昔ながらの)があったので、そこに入ることにしました。

約束の時間まで20分位しか無かったし、早くブログを書きたかったしで、迷わず入ったら・・・

店内は、ガラガラ。(汗)

そして、お店の人も居ない。((((;゚Д゚))))

img_1

「あれっ?やばめ?」

と思って、

「す、すいませーん。」

というと、

「はーい。」

と、奥から人が出てきました。

すかさず、僕は、

「やってますか?」

と聞きました。

すると。

「はい、やってます。お好きなお席へどうぞー。」

と、案内をされて、ほっと一息。

こういう経験、あなたにもありませんか?


流行っているお店に入るのは、勇気とかいりませんよね。

でも、人がぜんぜん入っていない、喫茶店、中華屋さん、寿司屋さんに入るのって、かなり勇気が必要です。

「やってますか?」

から聞かないといけませんからね。(笑)

でもね、こういうお店(店内がガラガラのお店)も、この一人(「やってますか?」と聞いてくれた一人)をファンにできたら、そのお店は時間の問題で人気店になれます。

逆に、「やってますか?」と聞いてくれた一人さえもファンにできないお店は・・・

時間を尽くしても、あの手この手を尽くしても、人気店にはなれません。

ここ、重要です。

あなたは、目の前の一人のお客さんを大切にできていますか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする