1日5分でいいから、脳みそに汗をかく

1日5分は、1年で30時間。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、「1日5分のランニングには長期的な効果がある」という記事を読みました。

スクリーンショット 2014-10-14 12.00.15
この記事の末文は、
縄跳び、自転車型トレーニング装置で激しくペダルを踏む、その他の何らかの激しい運動を選べばいいのだ。5分間、体に負荷をかければ寿命は何年も延びる可能性があるのだから。


という一文で、締めくくられています。

これって、脳も同じですよね。

・自分の仕事の3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月プランをつくる
・お客さんの感情を考える
・読者さんの気持ちを考えて記事を書く


これらって、超面倒くさく、脳みそが疲れるので、「基本やりたくない」という人が多いです。

でもね、1日5分でいいから、脳みそに汗をかいて、これらのことを必死のパッチで考えるって、すごく大事なことです。

僕は、体育大学を卒業したくらいなので、小さい頃から「お前の脳みそは筋肉か!体で考えないで、頭で考えろ!」と、よく言われました。

しかし、そんな僕でさえ、脳みそに汗書いて、これらのことを必死のパッチで考える癖を付けたことで、「様々なノウハウを人にお伝えする立場」になることができました。

僕にできたんだもん、あなたにできないわけが無いんです。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする