【要保存】教室が満席になったらやるべき2つのこと

満席だからといってバンザイをするのはちょっと後回し!


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

気がつけば、コンサルメンバーさんから「教室が満席になりましたー!」というご報告を頂くのが、当たり前になってきました。

1-B-YSK163
この「満席になりましたー!」のご報告をいただいた時、僕は、
おめでとうございます!

でも●●と●●ができていないので、これすぐにやっておいてくださいねー。


ということがあります。

そう、満席時には、満席に喜ぶ前に、やるべきことが2つあるのです。

その2つとは、

・満席通知をする
・キャンセル待ちを募る


です。


解説しますね。

1.満席通知をする

これはそのままなのですが、満席になったことは、今現在、あなたしか知りません。

それではただの「自己満足」ですよね。(汗)

そこで、満席になたことを、読者の皆さんにお知らせします。

その理由は、満席って、行列を作るはじめの一歩だからです。

人は、行列に並ぶ修正があるんですよ。

満席=いいもの、美味しいもの、確かなもの

という潜在意識があるんですね。

だから、満席になったら、満席通知を出す。

これ、基本の基本です。

ちなみに、満席通知は、

【満席】+記事タイトル

とすれば、それでOKです。^^


2.キャンセル待ちを募る

満席って、パチンコでいえば「大当たり」みたいなものです。

この大当たりって、そのままボーっとしていると、間もなく終わります。

でも、裏技があって、その裏技を使うと、大当たりが暫く続きます。

それ、いいですよね。^^

で、その裏技というのが「キャンセル待ちを募る」です。

募集時に、

お申し込みはこちらからお願いします。
(*上記一文はリンクしていません)

とかして、申し込みフォームにリンクしたしますよね。

これを、

こちらの教室は既に満席ですが、キャンセル待ちをご希望の方は、こちらからお申込み下さい。
(*上記一文はリンクしていません)

などの文言にして、申し込みフォームにリンク、キャンセル待ちを募ります。

これ、来なくても別にいいですよね。

でも、来たらメチャクチャ嬉しいですし、あなたの教室は「確変」がスタートします!

これら2つをやっている具体例がこちらの記事です。

ね、いいかんじでしょ。^^


ちなみに、

キャンセル待ちの申し込みが来たら、その方には2通りのご案内をすることができます。

その2通りのご案内とは、

って、あまりに記事が長くなるので、この2通りのご案内につきましては、こちらでご紹介しますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする