教室も大会も、完璧な準備をする前に「まずはやってみる」が大事

表彰台は、高さの違う跳び箱でいい。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、息子のレスリング大会がありました。

夏は全国大会をはじめ大きな大会が続いたのですが、今回は地域体育館で行われた、小規模大会。

でも、67年も続いているんだそうです!

これには、驚き。

で、続いている理由が、これ。

写真(1)
これ、何かわかりますか?

はい、手作り表彰台です。(笑)

教室も大会も同じなのですが、「ちゃんとやろう」と思うと、必要物品を揃えるだけで、時間とお金が多大にかかります。

でもね、手作りでも、全然良いものって、沢山あります。

例えば、この大会の表彰台。

この表彰台は跳び箱だけど、一番高い表彰台に乗った子は、みんな最高の笑顔をしていましたよー!


完璧な準備をするより、まずはやってみる。

これ、大事にしたいですね。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする