バッタ採りと集客の共通点

なんと、バッタを40匹捕まえることができたのは、偶然ではなかったのです。


こんにちは、教室に生徒さんが集まる!集客講師の齊藤直です。

先日、「カブトムシ採りと集客の共通点」という記事を書きました。

そして今日は、先日の記事の最後で予告をした「バッタ採りと集客の共通点」について、お話しますね。


先日、カブトムシ採りに行ったときに、バッタ採りもしたんです。

そうしたら・・・

バッタは、40匹ぐらい捕まえることができました。

1つの虫かごに、40匹のバッタを入れたこと、ありますか?

あのね、やってみるとわかりますが・・・

キモチワルイですよ。(汗)

って、その話は置いておいて、バッタと集客の共通点。


なぜ、カブトムシ採りでは散々苦労したのに、バッタ採りでは、40匹も捕まえることができたか、お分かりですか?

それはですね、

草むらに、バッタが山ほどいたからです!!

「は?そんなこと?」

って、思われるかもしれませんが・・・

これ、超大事なことです。

今回は、手づかみで40匹ゲットできました。

でもね、もしこの草むらに投網を放ったら・・・

多分、1回投網を投げただけで、200匹ぐらい捕まると思います。

その理由は、

草むらに、バッタが山ほどいるから!


もう、お気づきですね。

対象が山ほどいる場所では、苦労することなく、その対象を捕まえることが(出あうことが)できるんです!

これ、バッタ採りも集客も同じです。

つまり、大切なことは、「対象が山ほどいるのはどこかを明確に見出すこと」

これ・・・あなたは、できていますか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする