多読のススメ

その領域の「フォーマット」を見ろ!


こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

いま「発達障害」というジャンルの本を、立て続けに20冊読みまくっています。

今年、大学の先生と、ある共同研究をしているので、学びを深めるためにこれをやっています。

同じジャンルの本を20冊というと「何でそんなことを?」という人がたまにいますが・・・

理由は簡単。

コレをやると、その領域の「フォーマット」が見えてくるからです。


例えば、あなたが、明日からトマトを育てるとします。

そんなあなたは、今日の今日まで、トマトを育てたことがありません。

しかし、20冊の園芸書を買い込んで、トマトの育て方を研究したら、なんと10冊以上に共通して書いてあることがありました。

だったら・・・それ、正しそうですよね。^^

そこに書いてあること、とりあえずやってみる価値、ありそうですね。

同ジャンルの本を10冊・20冊って読むと、こうやって、その領域の「フォーマット」が見えてきます。

なので、僕は、新しいことに挑戦するときには、よくこの手法で学びを深めます。

ちなみに、これってやる人がほとんど居ないので、やっただけでその領域で、一歩抜きん出ることができちゃいます。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする