なんと、隣の店舗(教室)は、ライバルではなかったっ!

仲間と紹介しあったり、支えあうことができれば、売上って勝手に増えます。


こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、久々に合う友達と、夜ご飯を食べに行ってきました。

以前入ったお店の「つくね」が美味しかったので、昨夜もつくねを求め、そのお店へ。

しかし、「あいにく満席です」と言われ、がっかりして階段を下りていると、今まで気が付かなかったのですが、筋向かいにそのお店の系列店がありました。

ということで、そこに入ったのですが・・・こちらも満席。

Wがっかりで、どこかいいところは無いかなーと3分くらい歩いていたら、またまた系列店があり、そこは空席があったので、そのお店に入ることにしました。

そして、無事、つくねにありつけました。(笑)

しかし・・・

ムカつきました。(怒)

何がって、このお店、3分圏内に3店舗も系列店があるにもかかわらず、「うち満席なんだけどそっち空いてる?」って、お店同士で連絡調整し合ったり、客(僕)に、系列店の案内をする行為もしなかったのです。

これ、僕の美学的には、超イケていません。

系列店の紹介をしない

=お客さんをがっかりさせたまま帰らせる
=見込みのお客さんを逃がす
=将来のファンづくりに貢献していない(むしろマイナス)


です。

ダサイよね、これ。(汗)


と、ここまで読んで、

「私は個人事業だから、チェーン店系の話を聞いても関係がないや。」

って、思っていませんか?

それ、違いますよ!

教室やサロンの先生って99%が、個人事業だと思います。

つまり、あなたがオーナー。

だった場合・・・

近隣の同業他社と仲良くなれば、みんなで助けあえる「バーチャル系列店営業」ができますよね。

また、近隣の他ジャンルの方と仲良くなれば、複数のサービスを同時展開する「バーチャル企業」をつくることだってできます。

仲間と紹介しあったり、支えあうことができれば、売上って勝手に増えます。

そして、お互いに、感謝し、尊重し合えます。

僕は、個人事業でも、お互いに感謝したり、尊重し合える仲がかっちょいいなーって、いつも思っています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする