取材を受けることが決まった時に、教室・サロン・店舗オーナーがやるべきこと

取材を受けることは売上アップに直結しません


こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

最近、

「●●から取材を受けましたー!」

的記事を、多く目にします。

130308_chu_1

普通、こういう記事を見ると「スゲー!」となるかもしれませんが、僕は、「ほぉ。」と思い、その後、そのブログを定点観察したりしています。

その理由は、

取材を受ける=メジャーになる=売上が上がる『ではない』という仮説があるからです。

まぁ、仮説というよりは、これが「事実」なんですけどね。(笑)


ご存じの方も多いと思いますが、僕は、障害者専門のスポーツ教室を複数運営しています。

そちらでは、これまで数々の取材を受けました。

僕だけの30分テレビ番組も組ましたし、ラジオ出演もありました。

新聞掲載なんか、数えきれません。

でもですね、これら「メディアに出る」ということと「売上が上がる」ということは、必ずしも直結しないのです。

いえ、もっと言うと、

事前に動線を組んでおかないと、メディアに出たことによる売上アップは全く見込めません。

ここ、誰も教えてくれませんが、超重要です。


初めての取材が決まると、嬉しいです。

で、それをSNSで発信したくなります。

でも、取材が決まったときこそ、ソレに一喜一憂せずに、その取材をいかに売上につなげるかを、よーーーーく考えましょう。

ここは、知恵の勝負です。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする