悔し涙や嬉し涙を流すほど、仕事を120%で頑張れていますか?

● 悔し涙や嬉し涙を流すほど、仕事を120%で頑張れていますか?

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

昨日、2013年度の幼稚園の運動指導が終了しました。

あ、僕、体育大学附属幼稚園で、運動の先生をしています。(笑)

実はこう見えて(そう見える?)、体育がド専門です。


で、昨日は最終日ということで、年長さんのクラスで、全員発表会をしました。

題目は、跳び箱。

2学期3学期と練習をしてきた跳び箱。

「卒園までにみんな4段は跳べるようになろう!」と、頑張ってきた跳び箱。

そして迎えた、昨日の全員発表会。

4段は跳べて5段は跳べなかった子が涙。

5段は跳べて6段は跳べなかった子が涙。

昨日はじめて6段を跳ぶことができた子も涙。


みんなよく頑張りました。


帰り道に、ふと考えました。

何で子どもたちが、あんなにもないたのかなって。

それは、

・悔しさ



・嬉しさ

があったからですよねす。

つまり、悔しかった子も、嬉しかった子も、感情がこみ上げてしかたがないほど、昨日まで跳び箱を頑張ってきたということですよね!

子どもって、常に120%の全力投球。

だもん、

悔しかったり、嬉しかったりするけど、頑張った分だけ、結果を得ることができますよね。


さて、質問です。

あなたは、感情がこみ上げてしかたがない程、お仕事頑張っていますか?

僕は、他力本願の方は突き放しますが(笑)、感情がこみ上げてしかたがない程、120%全力で仕事を頑張れる人は、心から応援します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする