オフ会でいただいた質問にはどこまでお答えしていいのでしょうか?

● 「オフ会でいただいた質問にはどこまでお答えしていいのでしょうか?」

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日、

オフ会で沢山の質問をいただくのですが、オフ会ってセミナーではありませんよね。

こういう場合、どこまでお答えして、どこからお答えしないほうがいいのでしょうか。


というご質問を頂きました。

えと、僕の考えは、

どこまででもお答えしていい

です。

要は、出し惜しみをしないということ。

出し惜しみをされると、それまでに聞いた内容が「よっぽど」じゃないと、その先にあるものを有料で買いたいとは、思いません。

しかし、

出し惜しみをされないと、「オフ会でここまで教えてくれるんだから、セミナーではもっと突っ込んだところまで教えてくれるのだろう」と思われ、結果、有料のサービスが良く売れます。


ちなみに、

僕の経験上ですが、オフ会ですべてを語るなんて、無理です。

だって、僕、メルマガについて4時間喋れるんです。(笑)

なので、例えば、オフ会でメルマガについてご質問をいただいても、その一瞬でメルマガの全てをお答えするなんて、無理です。


要は、ノウハウやコンテンツが多ければ多いほど、出し惜しみなんて、できないわけです。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする