お休み中の生徒さんに、お手紙書いていますか?!

● お休み中の生徒さんに、お手紙書いていますか?!

こんにちは!生徒さんが集まる人気教室づくり講師の齊藤直です。

教室の生徒さん集めをしている時って、まだ見ぬ新規生徒さんにばかり目が向いてしまいますが、実はこの時にこそ、気にかけてもらいたい方がいます。

それは、「あなたの教室の休眠生徒さん」です。

休眠生徒さんとは、一度・または複数回あなたの教室に参加したことのある方で、その後暫く教室に参加されていない生徒さんのことです。

教室の参加者数(生徒さん数)を増やすためには、新規生徒さんを募るよりも、休眠生徒さんを呼び起こしたほうが早いって、ご存知でしたか?!


一度・または複数回あなたの教室に参加したことのある生徒さんが、休眠生徒さんになった理由は、

・仕事が忙しくなった
・休みの日が変わった
・引っ越した
・もっと楽しい教室を見つけた


など様々だと思いますが、休眠生徒さんは、あなたからの連絡を待っているんですよー!


教室って、お休みしている期間が長くなればなるほど、改めての参加ってしにくいものなんです。

つまり、生徒さんから講師のあなたへは、連絡が取りにくいんです。

そんな時に、講師のあなたから「こんにちは、お元気ですかぁ?」なんて連絡があったら・・・。

生徒さんは、ただ単純に嬉しいですよね。^^

だから、「講師のあなたから」の手紙が大事、なんですね。


でもね、この久しぶりのお手紙で絶対にやっちゃダメなことがあります。

それは、「売り込み」です。

例えば、「ご無沙汰しています。お元気ですか?今度○○をやりますので、是非参加して下さい!」みたいなお手紙が、ダメってことです。

では、どんな手紙がいいのか。

それは、最高に仲の良いお友達や彼氏・彼女に当てるような近況報告のお手紙です!

「実はこの間、生まれて初めて箱根に行って来ましたー。」とか、「最近コレにハマってます。^^」とか。

そんなあなたの近況報告を書いたお手紙の最後に、「○○さんの近況も是非お知らせ下さい!」とか書いておくと、非常に高い確率で、お返事がもらえます!

お返事がもらえる=再度つながることができる

です。^^

さぁ、いま頭に思い浮かんでいる休眠生徒さんに、まずは一通、お手紙を出してみて下さい。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする