LPで販売するか、一覧で販売するか

重要なことは、あなたのお客さんが買いやすいか、買いにくいかです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日、「今月から、セミナーが続きますよね。それ一覧になっているページはありますか?」とお問合わせをいただきました。

えっと・・・ございません!

ということで、以下に一覧を作ってみました。

2017年11月以降の齊藤のセミナー


11月29日:公開コンサルティングセミナーin東京

12月14日20日:自営業者の為のYouTubeチャンネル活用セミナーin東京・名古屋

2018年1月11日:超インターネット時代に指名買いされる自営業者になる方法in東京

LPで販売するか、一覧で販売するか


セミナーや教室って、一般的にはLP(販売記事)で販売しますよね。

shutterstock_210162178

上記の通り、僕もそうしています。

でも、毎月複数のセミナーや教室を開催されている方は、「スケジュール一覧&申し込み」ができる専用ページを設けるのも一つだと思います。

複数のセミナーや教室を選択して、一括で申し込みができるバージョンですね。

僕のように、LP(販売記事)で販売する際の動線は、

・誘導記事やSNS→LP(販売記事)

となりますが、スケジュール一覧&申し込みページで販売する際の動線は、

・申込だけできないできないLP→スケジュール一覧&申し込みページ

という導線で販売することになります。

shutterstock_353473379

これ、どっちもありです。

いずれにしても重要な事は、セミナーや教室の詳細を読んで「参加したい!」と思った時に申し込みができるようにしておくことです。

繰り返しのセミナーや教室


ちなみに、「毎週開催!」と言ったような、繰り返しで行うセミナーや教室は、こんな感じに募集・販売をするといいです。

スクリーンショット 2017-11-14 11.02.22


上記スキー教室は、今現在募集を行なっておりませんが、11月20日を過ぎますと、各日程の横に「申し込みボタン」がつきます。

繰り返しで行うセミナーや教室の販売は、こんなやり方もありです。

まとめ


ということで今日は、「LPで販売するか、一覧で販売するか」というテーマでお話しをしました。

詰まるところ、売り方としてはどちらもありなのです。

重要なことは、あなたのお客さんが買いやすいか、買いにくいかですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする