あなたは初対面の人に「面白い!」と言われますか?

人が人を「面白い!」と感じるのは、「思考がぶっ飛んでいる」か「行動がぶっ飛んでいる」かのどちらかです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

最近、「面白い!」と叫びたくなるほど、面白いことをしている人との出会いが続いています。

shutterstock_363891341

そして、こうした人と出会えば出会うほど、「この人にとって、俺は面白い人間になれているのか?」と考えます。

幸いなことに、ここ最近出会った皆さんからは「齊藤さん、面白い!」と言っていただけるのですが、これを当たり前にしていくためには、日々の思考と行動が重要だなってつくづく感じます。

最重要は自己紹介


ちなみに、はじめましての出会いがあった時、僕がするのは自分の自己紹介だけです。

shutterstock_709311922

例えば、齊藤は、

・NPO法人アダプティブワールドの理事長を務めておりまして

・コレと別途、自身の会社で物販事業をしております。

・また、同会社法人でビジネスプロデュースを手がけ

・これと別途、特異的な能力のある障害者のプロデュースも行なっております。

という具合です。

もちろん、面と向かって各サイトを使っての説明はしませんが(笑)、こんな感じで僕が何者かの自己紹介をします。

すると、嬉しいことに、大抵面白がっていただけます。

人にインパクトを与えるものは「思考」か「行動」


はじめましての出会いで面白いか面白くないかって、

・思考がぶっ飛んでいる
・行動がぶっ飛んでいる


の、どちらかです。

ちなみに、最強型がこのミックス。

shutterstock_293034281

思考がぶっ飛んでいて行動がぶっ飛んでいる人ほど、面白い人はいません。

例えば、『えんとつ町のプペル』の著者の西野亮廣さんなんて、思考も行動もぶっ飛んでいて、面白いですよね。


えんとつ町のプペル

61YmmQXAsHL._SX496_BO1,204,203,200_

単行本:2,160円
Amazon.co.jp


僕も、西野さんのような面白さが身にまとえるよう、明日からも「思考と行動を圧倒的にすること」に励みたいと思います。

ぶっ飛んだ思考と行動の身に付け方


ちなみに、どのようにすると、「ぶっ飛んだ思考と行動」を身にまとえるのでしょうか。

実はコレ、僕も今研究中なのですが、仮説として出ている答えは、

・世の中をよく観察すること × 自己対話

かなって、考えています。

solar-eclipse-2689087_1280

「世の中をよく観察すること × 自己対話」を徹底的に繰り返すと、その結果として『ぶっ飛んだ思考』がうまれ、それを行動に移すと『ぶっ飛んだ行動』になるのではないかと考えています。

まとめ


ということで今日は、「あなたは初対面の人に『面白い!』と言われますか?」というタイトルでお話しをしました。

繰り返しになりますが、思考がぶっ飛んでいて行動がぶっ飛んでいる人ほど、面白い人はいません。

僕はここを目指しますので、是非あなたもここを目指してみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする