【業界震撼!】ベビー系教室に生徒さんが新幹線で通学

この事例には、コンセプトを一緒につくった僕も震えました。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

現在募集している人気教室学園第5期生に、1期2期と学園に在籍されていた「創造力と挑戦心が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊びの造形教室」の会田夏帆先生が、復学されました。

スクリーンショット 2017-09-24 17.32.25


そして、復学と同時にこんな嬉しい声をお聞かせくださいました。

まずは、教室の現状についてのお礼です。

直先生のおかげで、今年度4クラス全て満席で運営しています。

保育園に通ってる方も「有給とってたまに行きたいです!」ととお話しくださったので、単発枠も月15枠(1回3000円)ほど作りましたが、これは毎月10分たたずに満席となります。

また、現在私の教室には、新幹線に乗って、大阪や三重、静岡、群馬、長野からも、生徒さんが通って下さっています。

まさかベビー系の教室で、赤ちゃんと新幹線に乗ってまで教室に通って下さる方がいるなんて、全く想像していませんでした。

2年前から昨年までの1年間、当時はかなり無理をして通学コースに入ってましたが、お世話になって本当に良かったと思ってます。ありがとうございました。

今回は教室の日程が通学の日と同じなのでメールコースですが、下記にも書きました通り、私と一緒に活動してくれる講師養成をして、教室も任せて、4月からは通学コースに編入したいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

会田先生、素晴らしいレポートをありがとうございました。

こちらこそ、改めて第5期から、よろしくお願いします!

ベビー系教室に新幹線で通うという「非常識」


上記、会田先生のご感想を読んでいかがですか?

会田先生は、「創造力と挑戦心が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊びの造形教室」を主催されています。

o1673125514033511266

教室の主な対象は、未就学のお子さん、つまりベビー期のお子さんです。

通常ベビー系の教室って、地域展開をします。

なぜなら、ベビー系の教室ってそこらじゅうにあって珍しくもなんともないので、先生の地元でしっかりファンを獲得するというのが、ベビー系教室運営のセオリーだからです。

しかし、会田先生は違います。

会田先生は、生徒さんが新幹線に乗って、大阪・三重・静岡・群馬・長野から通って下さるのです。

これは、「ベビー系教室の革命」と言っていいでしょう。

会田先生の教室はが「非常識的な人気」を集めるワケ


ちなみに、なぜ会田先生の教室は、こんな「非常識的な人気」を集めているのでしょうか?

それは、「教室のコンセプト」と「教室内容」がずば抜けていいからですね。

そのためでしょう、会田先生の教室は、神奈川新聞新聞にも取り上げられました。

o0800133313674510499

ちなみに、会田先生の教室コンセプトは、どこから生まれたのでしょう。

実は・・・学園での僕とのチャットです。

1期生として会田先生が学園に入学された時、ブログタイトルを作るために、会田先生とチャットワークで教室コンセプトを練りました。

この時、既に会田先生は複数の取材履歴があったので、その時の記事を元に「ぐちゃぐちゃ遊び」というキーワードを創作し、このキーワドを元に、教室コンセプトとブログタイトルを作り上げました。

これは、2015年10月末のことなので、今からおおよそ2年前のことです。

会田先生と行なったこのコンセプトワークはよく覚えていますので、「あれからもう2年かぁ。」と、ちょっと感慨深いものがあります。

この現実を2年前に予想できたのか?


ちなみに、まだ本人にもインタビューしていませんが、2年前の会田先生は、自分の教室に生徒さんが新幹線に乗って、大阪・三重・静岡・群馬・長野から通って下さることが、想像できたでしょうか?

shutterstock_577954246

これ、きっとできなかったと思います。

なぜなら、ベビー系の教室に生徒さんが新幹線で通うなんて、過去に事例が無いからです。

一緒に練った教室コンセプトはすごくいいので、会田先生の教室は人気教室になるだろうなとは予想をしていましたが、まさか、生徒さんが新幹線に乗って教室に通うなんて言うことは・・・ごめんなさい、僕も想像すらしていませんでした。

でも、面白いですよね。2年前に0から作ったコンセプトが、今や何百という生徒さんに大きな影響を与えているのですから。

事業はイキモノ


こういう事例を見ると、事業って本当に「イキモノ」だなって思います。

arrows-2023444_1280

もちろん、事業を動かすのは事業オーナー(社長)ですが、事業は、

・事業オーナー(社長)
・お客さん(生徒さん)
・チャンネル
・メディア
・世間の評価


が出会い、化学反応を起こすことによって、企画時には想像もできないほど大きく成長するんですよね。

こういう事例を目にすると「決めたコンセプトを形にすること(月日をかけて事業を育てること)」がいかに重要かということが、とてもよくわかりますね。

よく、

「チラシを撒きましたが、反応が得られずめげました。」
「ブログを頑張っていますが、PVが集まりません。」
「生徒さんが増えたり減ったりでずーっと横ばいです。」


と、1つの取り組みですぐに反応が得られないとめげる人がいますが、こういう人は、商人として「論外」だということですよね。

商人は、自分がコレ!というコンセプトを作ったのなら、まずはそれを形にして、世の中の皆さんに見てもらう・知ってもらうことが大切なのですね。

まとめ


ということで今日は、「ベビー系教室に生徒さんが新幹線で通学!」と題して、学園5期に復学された創造力と挑戦心が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊びの造形教室」の会田夏帆先生の近況をご紹介しました。

繰り返しになりますが、決めたコンセプトを形にすること(月日をかけて事業を育てること)」が重要です。

これ、とても大切なことですから、是非赤ペンチェックしておいて下さい。

あ、もしあなたが、「会田先生のような世の中が興味関心を示すコンセプトを作りたい!」「私も会田先生みたいに活躍したい!」とお思いでしたら、学園5期にご参加下さいね。

僕と一緒に、2年後の伝説を作りましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする