メルマガ読者の増やし方

メルマガは、「読者数 < 読者層(読者の濃さ)」です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日、「産前のウエストを取り戻す!札幌の出張専門パーソナルトレーニング」の松永健吾先生から『メルマガ読者さんが遂に200人を突破しました!』という、嬉しいご報告をいただきました。

スクリーンショット 2017-08-07 07.16.08


松永先生は、全くの0からメルマガを一緒に作りここまできたので、この報告を頂いた時は、とても嬉しかったです。

ちなみに、メルマガ読者の増やし方って、複数のやり方があります。

ということで、今日は、松永先生のメルマガ読者数200人突破を記念して、「メルマガ読者の増やし方」についてお話しをしますね。

ステップメール


まず、メルマガと言えば、ステップメール。

上記にご紹介した松永先生のメルマガも、ステップメールです。

shutterstock_404807959

ステップメールとは、7通とか10通の連続性のあるメールが、「読みたい!」と思ったその日から1日1通届くメールのことです。

例えば、上記にご紹介した松永先生のステップメールは、「30代女性の為の下半身太り解消の為の7つのポイント」というタイトル。

つまり、

・30代女性で
・下半身太りに悩む人


が読みたくなる内容になっています。

こういうシナリオ(連続性のあるメール)を準備すると、「対象」と「ゴール」が明確なので、メルマガ読者は簡単に増やすことができます。

プレゼント


というお話しをすると、「わたし、ステップメールを書くのが苦手なんです。」という人がいますが・・・大丈夫です。

そんな人も、メルマガ読者を増やすことができます。

その方法とは、プレゼントを用意すること。

presents-1913987_1280

プレゼントとは、例えば、

・ノウハウが詰まったPDF
・音声解説
・動画コンテンツ


などが、これに当たります。

具体的にご紹介するなら、

・アトピー患者さんに治療する治療家さんのためのアトピー診断・食事アドバイスシート



・シミ・くすみに悩む女性に施術するエステティシャン・鍼灸師さんのための、『シミ・くすみタイプ分け・生活アドバイスシート』

が、これにあたります。

ちなみに、このプレゼントって、「売り手にとっては他愛もないことで、買い手にとっては新しい情報」であるといいです。

なぜなら、「売り手にとっては他愛もないことで、買い手にとっては新しい情報」なら、プレゼントを作るのが楽なのに、喜んでいただけますからです。

複数チャンネル戦略


ここまでを読むと、「私はステップ?私はプレゼント?」という疑問がわきますよね。

これ・・・どちらでもいいです。

もっと言うと、可能なら両方しましょう。

例えば僕は、

・生徒さんが集まる人気教室のつくり方10日間無料メールセミナー



・初めてメルマガを書く人のための7日間無料メールセミナー

という2つステップメールを持っていますが、これと別途、以下ではプレゼントで読者さんを集めています。

【無料配布】LINE@は商売の拡大に有効なツールのか?



【無料配布】Instagramは個人事業者の集客に有効なツールなのか?




商売はリスト(顧客リスト・台帳)が全てですから、メルマガ読者さんも複数チャンネルで集めることが望ましいです。

これ、一気に作らず、1つ1つ作ればいいので、是非やってみて下さい。

大事なこと


メルマガ読者さんを増やす上で大切なことは、「どのメルマガにどんな誰が登録しているのか」をきちんと分けて集めることです。

よく、「メルマガは読者数が大事!」なんて言われますが、僕は、

読者数 < 読者層(読者の濃さ)

だと考えています。

shutterstock_157248584

薄いリスト( 読者)に何かを仕掛けても、得られる反応は少数です。

これに対し、濃いリスト( 読者)に何かを仕掛けると、得られる反応は多くなります。

メルマガは、「読者数 < 読者層(読者の濃さ)」です。これ覚えておいて下さい。

まとめ


ということで今日は、「産前のウエストを取り戻す!札幌の出張専門パーソナルトレーニング」の松永健吾先生のメルマガ読者数200人突破を記念して、メルマガ読者の増やし方について、解説をしました。

これからメルマガを作る方は、上記にご紹介した松永先生のメルマガ(ステップメール)や、松本漢方堂の松本先生のメルマガ(プレゼント)をしっかり読んで、メルマガのいろはを勉強して下さいね。

追伸


これからメルマガを勉強する方には、こちらがオススメです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする