商売(事業)は常に「未完成であること」を理解しよう

商売人だけが楽しめる「ハードル走」を楽しもう!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日、大きな事業結果を出した学園生から、

直さん、事業って一つ大きなハードルを超えたと思ったら、また次のハードルが見えてきますね。

これ、ずっと続きますか?

と、質問をもらいました。

shutterstock_362436530

これ、いい気付きですよね。

答えは、・・・「ずっと続きます」です。

ちなみに、個人的には、超える度に訪れるハードルを超え続けるから、商売は成長し続けられるのだと思います。

未完成を楽しもう!


よく、完璧に構想を仕上げてから、完璧に計画を練ってから商売(事業)を始めようとする人がいます。

商売感がある人はピンと来るかもしれませんが、「完璧に構想・計画」を追い求めている人は、一生、商売(事業)を始めることは出来ません。

なぜなら、「完璧に構想・計画」なんて、そもそも存在しないからです。

shutterstock_368529578

もっというと、商売(事業)とは、常に未完成なものなのです。

未完成なものだから、鮮度があり、面白いのです。

未完成なものだから、どうなるかわからなくて、軌道修正のしがいがあるのです。

未完成なものだから、一緒に歩いていてワクワクするし、今後が楽しみなのです。

考えてみて下さい。

「当社の商売(事業)は完成したので、お陰様でこの10年は同じことだけをしています。」なんていう会社さんは、ありませんよね。

僕の知る限りは、そんな会社は1つもありません。

この事実からも分かる通り、商売(事業)とは、常に未完成なものなのです。

そして、この未完成なものをどう育てるかが、商売の面白さだと、僕は思います。

未完成なものを動かしながら完成に近づける


以前、『個人事業者が大手に勝つ方法』という記事で、「個人事業者は、やってみてから軌道修正することが大切。」というお話をしました。

スクリーンショット 2017-07-23 07.16.15



これ、今日のお話になぞると、

・商売(事業)とは常に未完成なものなので、日々その未完成なものを動かしながら、完成に一歩ずつ近づけろ

ということです。

ちなみに、大手の事業も常に未完成なので「動くこと」が大切ですが、大手は「経済体力」があるので、この動きがゆっくりでも問題ありません。

しかし、自営業者の動きがゆっくりはNG!

自営業者は、今日この場で思いついたこと・考えついたことを今すぐ行動に移しながら、軌道修正をするようにしましょう。

自営業者が「構想・計画を入念に」をしたら、即死です。

まとめ


ということで今日は、「商売(事業)は常に「未完成であること」を理解しよう」というお話でした。

上記にもお伝えしましたが、商売(事業)は未完成だから成長することが出来、やることに面白さがあるのです。

どうぞ、商売人だけが楽しめる「ハードル走」を、是非楽しんで下さいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする