業界の常識は覆せ!大阪上新庄のMAC英語教室・嘉悦弘一郎先生の事例

同業他社がやらないことをやると、必然的に業界で突き抜ける法則


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

ここ最近、学園生の結果がモノスゴイです!

今日は、学園大阪校メンバーで「英検に強いMac英会話教室:英語耳と英語脳を育てる子供の英語教室」の嘉悦弘一郎先生の結果と事例をご紹介しますね。

嘉悦先生は、大阪の上新庄というところで英語教室を運営されています。


スクリーンショット 2017-07-15 14.00.24


まだ規模は大きくないのですが、事業歴は7年で、15人以上のスタッフさんを抱える英語教室のオーナーです。(ネイティブの先生も多数在席)

嘉悦先生が行う英語教室のビジネスモデルは、

・他店舗経営
・メニューの充実
・イベントの実施


という事業展開が一般的ですが、嘉悦先生はちょっと違います。

ということで今日は、嘉悦先生の取り組みと実績をご紹介しますね。

オリジナル英語教材の開発と出版


実は、嘉悦先生のMAC英語教室では、オリジナル英語教材を開発・出版しています。

81oAE1dS0YL._SL1500_

ちなみに、この教材は、Amazonで普通に買えます。


この教材、ナント!あの

・ジュンク堂書店
・マルゼン


でも、販売されています!

先日は、1,000部が完売しましたー!

素晴らしいですね。

いま嘉悦先生には、同教材を全国で強烈の販売するための活動準備をしていただいているので、今後の展開がとても楽しみです。

あいさつ回り


ちなみに、これまでの取り組みとしては、各書店さんへの挨拶回りをしていただきました。

o0480054713977644294

これ、業界的には非常識なのですが、

・自作のポップを持って
・挨拶
・書店さんが喜ぶ提案


をセットで行っているので、どこの書店さんでも、非常に喜んでいただいています。

こういう「足で回る」って、とても大切なんです。

嘉悦先生の取り組みを例に


上記、さらさらっとご紹介をしましたが、嘉悦先生の取り組みをまとめると、

・業界の常識を突き抜けたビジネスモデルを展開
・普通の人がやらない・やりたがらないことを短期で実践

です。

これ、あなたの商売に当てはめると、どんな具体になりそうですか?

是非、嘉悦先生の取り組みを例に、考えてみて下さいね。

まとめ


ということで今日は、「業界の常識は覆せ!大阪上新庄のMAC英語教室・嘉悦弘一郎先生の事例」というお話でした。

どうぞこの機会に、嘉悦先生の取り組みをあなたの商売に当てはめると、どんなことができそうなのかをしっかり考え、ノートにまとめてみて下さい。

これをすると・・・あなたも短期間で、業界のリーダーになれるかも知れません!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする