「知恵の提供」と「思考の代行」を齊藤が担当します。

最短で結果を出すための餅は餅屋になる


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先週の木曜日より、レッドカーペットコンサルティング第22期生の募集を開始しました。

この週末も沢山のご応募を頂きましたが、これからレッドカーペット22期にエントリーをしようと思っている方に、齊藤から事前にお知らせです。

齊藤がレッドカーペットコンサルティングで行うことは、「知識の提供」ではなく「知恵の提供」です。

また、「作業の代行」ではなく「思考の代行」です。

以下に、解説をしますね。

知識の提供」ではなく「知恵の提供」


shutterstock_114290713

一昔前(僕達の親の世代)は、仕事の全てを人間が行っていたため、知識量をどれだけ保持しているかが、世の中では重要視されていました。

しかし今日は、MacやGoogleがあるので、知識担当は彼らに任せていればOKです。

当たり前ですが、人間の知識量が、MacやGoogleを上回るなんて、不可能です。

こと、昨今新聞を賑わせている「AI」が立体的になった日には、知識量において、人間がコンピューター勝てる可能性は0%です。

これは僕の持論ですが、知識って貯めることが重要なのではなく、使うことが重要です。

ちなみに、知識を使うときに必要なもののことを「知恵」といいます。

この「知恵」、手前味噌ですが、僕は他者のそれに比べると長けています。

その理由は、初めてコンピューターに触れたその日から、自分の武器から「知識」を捨て、「知恵」を磨くことだけを行ってきたからです。

その結果、コンサルティングワークを始めてまだ5年ですが、この5年間で何百もの商売・何千もの事業を、世に送り出すことができました。

「作業の代行」ではなく「思考の代行」


50958313 - the human brain diagram doodles icons set. illustration.

また、事業が大きくなればなるほど作業って増えますが、レッドカーペットコンサルティングで、僕がこれを担当するということは、100%ありません。

なぜなら、「作業の代行」は、あなたのスタッフさんやクラウドソーシングで外注をすれば済むからです。

このブログ読者さんは事業者さんだと思いますので書いておきますが、クラウドソーシングは請け負うのもではなく、使うものです。

「そうはいっても、クラウドソーシングを使うなんて、ある程度大きな会社規模でしょ?」とお思いでしたら、あなたはそもそも論でクラウドソーシングを誤解しています。

クラウドソーシングは、一人事業者でも使える仕事(作業)の外注です。

事実、僕が校長を務める「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」の学園生も、クラウドソースで自分ではなくていい作業をどんどん外注、当の学園生は、自分がすべきことだけをしています。

結果、事業がどんどん前に進みます。

「知識(情報)は、MacやGoogleに」

「行って欲しい作業は、スタッフかクラウドソーシングに」

「上記以外で必要となる知恵を絞ること、思考を繰り広げることは僕が」

というのが、齊藤の基本的な考えです。

レッドカーペットコンサルティングの対象者とは?


90186dfee8be2f30f272412191391a40

ということで、レッドカーペットコンサルティングで知識を身につけよう・齊藤に作業代行をお願いしようとお考えの方は、レッドカーペットコンサルティングの対象外です。

逆に、齊藤の知恵を使いたい、齊藤に思考の代行をして欲しいという方は、レッドカーペットで是非ご一緒したい方です。

レッドカーペットコンサルティングは、期間中に3回、齊藤と対面のチャンスがあります。

また上記と別途、期間中に6回、齊藤と直接会うチャンス(学園)があります。

どうぞ、この9回のチャンスに、齊藤の知恵と思考(脳みそ)を使い倒して下さい。

事実として、レッドカーペットコンサルティングでは、齊藤の知恵と思考を使っている人ほど、結果を出していますからね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする