自分をいくらで雇うか

一人会社の社長と自営業者の決定的な違い


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

以前「事業を10倍に発展させる仲間は誰だ?」というお話をしました。

当事で今日は、ちょっと視点を変えて「あなたは自分をいくらで雇用できるか?」というお話をしたいと思います。

shutterstock_541900675

「自営業者」という言葉がありますよね。

この自営業者という言葉、非常に曖昧で、どこからどこまでの人を指すのかが、非常に不明確です。

ちなみに僕は、自営業者とは

・小企業のオーナー社長を含む自ら事業を営む人

だと自分で定義しています。

その為、僕が主宰するビジネススクールのタイトルも、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」としています。

つまり、僕の認識では、自営業者の中には、

・自分会社を経営する社長
  と
・個人事業者

が入り混じっているということです。

この2つ、似ているようで、全然違います。

例えば、「自分会社を経営する社長」は、自分の給与を明確に答えら得るのに対し、「個人事業者」は自分の給与を明確に答えられません。

これ、なぜかわかりますか?

理由は簡単で、「自分会社を経営する社長」は、会社のお財布と自分のお財布が明確に別れているのに対し、「個人事業者は、事業のお金=自分のお金だからです。

自分をいくらで雇うか


個人事業の人からするとビックリかもしれませんが、たとえ一人会社(社長だけの会社)だったとしても、その会社の社長さんは、自分の月給も年収も明確に答えられます。

shutterstock_461232349

なぜなら、毎年の決算で「今年は自分の給与はいくら」と自分で決めているからです。

これ、「全体の事業費 – 経費 = 自分の所得」としている個人事業者さんからすると、ビックリですよね。

でも、事業を大きくするためには、この一人会社(社長だけの会社)の社長さんもやっている、「今年自分をいくらで雇うか」という観点が非常に大切なんです。

なぜなら、これを決めていると新しい仕事の依頼を頂いたときに、「その仕事ならいくらで請け負うばいいのか」が、明確に判断できるからです。

ほら、「社長視点」って、言いますでしょ。

アレは正に、これのことです。

あなたの給与は?


さて、個人事業者のみなさん、あなたがあなたの「社長」だった場合、社長のあなたは、社員のあなたにいくらの給与を払いますか?

shutterstock_534350776

また、その理由は、何ですか?

この理由まで考えるのは、とても重要ですよ!

今日は、是非これを考えてみて下さい。

ちなみに、上記を考えると、個人事業者のみなさんも今以上に、売上を上げるという視点で「この半年で自分がやらなければいけないこと」が、明確に見えてくるはずです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする