道の駅の屋台に学ぶ五感を刺激する売り方と魅せ方

人間にとって、五感のうち3つを支配されるって、中々の拷問。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日、家族で出かけたときに、道の駅に寄りました。

20100425233841be1

「道の駅」って、そのエリア独特のカルチャーが合ったり、そのエリア独特の食べ物があったりするので、僕はとても好きです。

先日は、GWということもあってか、立ち寄った道の駅は活気がすごかったです。

特にすごかったのは屋台で、どのお店にもお客さんがひっきりなしに訪れ、商品が飛ぶように売れていました。

これ・・・GWだからでしょうか?

もちろんそれもありますが、「屋台で売っているから」というのが、大きなポイントです。

屋台手法


屋台で食べ物を売ると、買い手の視覚・聴覚・臭覚に訴えることができます。

人間にとって、五感のうち3つを支配されるって、中々の拷問。(笑)

shutterstock_346314155

いい匂いがして、惜しいそうに見えて、ジュージュー焼く音が聞こえたら、相当お腹がいっぱいではない限り、お財布を開かないことが難しいです。

これができるのは、屋台ならでは。

だから、どこに行っても屋台って、屋内店舗よりも人だかりができているんですね。

これは、偶然ではなく、方程式だったのです。

屋台手法 × インターネット


ではこの屋台手法、インターネット上にブログやホームページというお店を構えている僕たちは使えますでしょうか?

shutterstock_484958998

結論から言うと、使えます。

どのように使うのか、以下に解説をしますね。

五感とは、

・視覚
・聴覚
・味覚
・嗅(きゆう)覚
・触覚


の5つですね。

この5つのうち、インターネットでは刺激できないものは、何でしょうか?

これは簡単。

インターネとでは、

・味覚
・嗅(きゆう)覚
・触覚


を刺激することができませんね。

つまり、逆を言うと、インターネットでも

・視覚
・聴覚


は、刺激することができるということです。

さて、あなたは、ブログ・ホームページで、読者さんの視覚・聴覚を刺激することができていますか?

視覚を刺激する


インターネットを介して、視覚と聴覚を刺激するとは、具体的には何をすれば良いのでしょうか?

まず、視覚から考えていきましょう。

これは、想像がつくことと思いますが、視覚を刺激するとは、「文字だけで情報を伝えるのではなく、写真やイラストでも情報を伝える」ということです。

palm-fern-2245814_1280

ということで、今日のこの記事は写真を多めに使っています。

どうですか?

各ブロックを読んでいて、日頃の記事と比べて、目に飛び込んでくる情報が多いのではないでしょうか?

これが、「視覚を刺激する」ですね。

聴覚を刺激する


次に、聴覚を刺激する方法について考えてみましょう。

「聴覚を刺激する」とは、つまりは「音」ですよね。

ということは、ブログやホームページで音が流れるようにすればよいのでしょうか?

これ、音だけではダメなんです。インターネットを介した媒体で聴覚を刺激する時は、必ず視覚の刺激とセットがいいのです。

では、聴覚を刺激しつつ視覚も刺激できるものとは、一体、何があるでしょうか?

勘がいい方はもうお気づきのことと思いますが、聴覚を刺激しつつ視覚も刺激できるもの、それは「動画(映像)」ですね。

例えば、僕がバイオリニストだった場合、

先日、僕がコンサートで弾いた曲です。聞いて下さい。


などと言って、こんな具合に動画ブログ内に張ります。



(この動画は葉加瀬太郎先生のエトピリカです。涙が流れるほどきれいな曲ですから、是非聞いてみて下さい。)



どうですか?

ブログ内で視覚と聴覚を刺激されるって、刺激的でしょ?

これ、店舗さんでも、治療院さんでも、教室でも使えます。

あなたなら、動画(映像)をどのように使うことができるか、是非考えてみて下さいね。

まとめ


ということで今日は、「道の駅の屋台に学ぶ五感を刺激する売り方と魅せ方」というお話でした。

売り方って実に多用ですが、他業種他ジャンルの商売を見ると、あなたがまだやっていないこと、考えもしなかったことって、沢山あるはずです。

是非今日からは、他業種他ジャンルの商売を「売る手法」という視点で見てみて下さいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする