子どもを一流のユーチューバーにできるかどうかは大人次第

その職業の実態を理解せずに、子どもの未来づくりなんて絶対にできません。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

ご存じの方も多いかもしれませんが、いま小学生がなりたい将来の夢トップ3には「ユーチューバー」があります。

social-media-1233873_1280

あ、一応説明をしておきますと、ユーチューバーとは、「インターネット上の動画共有サービスであるYouTube(ユーチューブ)に動画を投稿し、広告収入を得る人々」のことです。

この現状を見て、学校の先生やお父さんお母さんは、

「今の子は・・・。」
「ユーチューバーなんて。」
「真面目に働くことを考えなさい。」


と口を揃えて言いますが、僕の考えはちょっと違います。

僕の考えは、「本当にユーチューバーになりたいなら、今からしっかりと準備をして、最年少で世界一のユーチューバーになれっ!」です。

大人は「子どもが見ているモノ」を見ろ


僕達が子どもの時代も、そして今の時代もですが、そもそも論で、大人って子どもが見ているものを、真剣に見ようとしません。

例えば、上記、今の子供達が夢に描く「ユーチューバー」

どうして大人は、子どもが「サッカー選手になりたい!」「お医者さんになりたい!」と言うとOKで、「ユーチューバーになりたい!」というとNGないのでしょう。

それは、大人が「ユーチューバーという職業を正しく理解していない為」ですよね。

ユーチューバーの毎日


あなたは、ユーチューバーがどんな毎日を過ごしているか、知っていますか?

ユーチューバーって、毎日適当な時間に起きて、適当に何かを食べて、適当に動画を作ってYouTubeにアップをして・・・と思ったら、大間違いですよっ!

売れているユーチューバーは、朝から晩まで、良い動画づくりの研究と動画の制作、スポンサー起業とのミーティングで予定がぎっしりです。

僕の知っているユーチューバーは、学校の時間割より何倍も細かく「何時に何をするか」を決めて日々の仕事をしていますし、超戦略的・計画的に動画の配信をしています。

はっきり言って、会社員以上に忙しい毎日で、ものすごい時間働いています。

プラミアムフライデーとか、ありません。

しかしその結果、彼らはユーチューバーとして生計を立てることができているのです。

大人の役割


もし学校の先生や大人が、このユーチューバーの現状を知っていたら、子どもが「ユーチューバーになりたいっ!」と言ったときに、無下に「ユーチューバーなんて。」とは言わないはずです。

むしろ、

いいか、本気でユーチューバーになりたいなら、今から●●と●●の勉強を必至に頑張りなさい。

それから、●●の勉強も今から始めておきなさい。

という話が、できるのではないでしょうか。

大人の役割って、子どもの夢をあっさりと踏み潰すことではなく、子どもの夢を膨らませたり、実現できるようにステップを明示したりすることだと思います。

稼ぐノウハウ


ちなみに、こういうことを子どもに教えるときに「稼ぐノウハウ」って絶対必須になります。

であるならば、まずは大人が「稼ぐノウハウ」を身に着けていなければいけませんよね。

さて、あなたは日々どれだけの「稼ぐノウハウ」を学んでいますか?

僕は仕事柄、日々「稼ぐノウハウ」を多角的に考え研究しているのですが、実はこれ、ムチャクチャ疲れます。

この「疲れる」が原因なのだと思いますが、稼ぎ方を本気で勉強している人って、とても少ないです。

でも、稼ぎ方を考えることができる」ってドラえもんの四次元ポケットを手に入れるほどドラマチックなことだということを、僕は知っています。

ということで、日々の僕はもちろん、僕が校長を務める「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」では、「稼ぎ方を考える練習」を常にしています。

例えるなら、学園では、魚を与えずに、魚の釣り方を教えているのです。

魚を与えてもらうことのほうが簡単でしょうが、それでは学園生の未来がないので、学園では「魚を与えずに、魚の釣り方を教えている」のです。

是非あなたも、この思考で今日から学びを進めてみて下さいね。

まとめ


ということで今日は、「『ユーチューバーになりたい!』という小学生を一流のユーチューバーにできるかどうかは大人次第」というお話でした。

是非あなたも「稼ぐノウハウ」を身に着けて、ご自身の・近所の子どもが「ぼく●●になりたい!」といったとき、その夢を達成させるためのステップを作れる人になって下さいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする