商売のはじめ方:商売は「型」を守れば簡単

あなたの当たり前は、未来のお客さんの当たり前「ではない」


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

当たり前な話なのですが、「あなたの当たり前は、未来のお客さんの当たり前ではありません。」

9368207 - misunderstanding in group of people. 3d objects isolated on the white background.
これ、どういう意味か、わかりますか?

例えば、

・お寿司屋さんでは当たり前の「おいしい酢飯のつくり方」
・飛行機のマイルが面白いほど貯まる「お得な買い物の仕方」
・パートさんを雇わずに雇う!仕事が3倍サクサク進む方法

とかって、多くの人にとって「当たり前ではない」ですよね。

でも、これらのことを知っている人って、「えっ、こんなこと誰でもしっているでしょ?」と思い込んでいるので、これらの発信をしません。

これが、「あなたの当たり前は、未来のお客さんの当たり前ではない」です。

当たり前=思い込み


そう考えると、「当たり前」って何なのでしょう?

僕は、「当たり前=あなたの思い込み」だと思います。

「思い込み」については、過去にこんな記事を書きました。

わかりますか?「思い込み」って、超厄介なもので、これこそがあなたの活躍を邪魔するものなのです。

ということで、思い込みを外しましょう!

「んなこと言ったって、どうやれば思い込みは外れるんだよ!」

という声が聞こえてきそうなので、思い込みを外す方法を書いておきますね。

例えば「当たり前」という思い込みを外す方法は、「ねぇねぇ、これ知ってる?」と、自分の知っていることを他者に知っているかどうかインタビューすることです。

これだけ。

100人に聞いて、80人以上知らないことは、「あなたの当たり前だけど、未来のお客さんの当たり前ではないこと」です。

自分が知っていて他人が知らないことを書くだけ


上記、「あなたの当たり前だけど、未来のお客さんの当たり前ではないこと」が見つかったら、今度はそれについて、ブログを書いてみましょう。

1つの「あなたの当たり前だけど、未来のお客さんの当たり前ではないこと」につき30記事くらいかけると最高です。

つまり、3つ4つ5つと、「あなたの当たり前だけど、未来のお客さんの当たり前ではないこと」があると、膨大な記事が掛けるということですね。

これをブログに書いていると・・・あなたのブログにはブログ読者(ファン)がつきます。

これが、ブログ読者の作り方です。

ブログの書き方も、ブログ読者のつくり方も簡単ですね。

リアルでお伝えしますが「講座」


ちなみに、ブログ読者がつくと「●●さん、●●について、実際に会って教えていただけませんか?」という声が聞こえてきます。

こういう声が聞こえてきたら、「講座・セミナー・ワークショップ」等を有料で開催すればいいのですね。

ここではじめて「商品」が売れることになります。

ちなみに、インターネット時代の今日は、

・スカイプで
・チャットで
・YouTubeで


できることも山ほどありますから、1時間にバスが1本通るか通らないかという田舎に住んでいても、商売は今日の明日でスタートできます。

商売は方程式


上記は一例ですが、これが商売を始める型(商売の方程式)です。

商売には、こうした型がいくつもあります。

僕は、それらの型を多く知っています。そして、多くの方は、この型を知りません。

ということで僕は、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」を主宰、商売の型(方程式)を多角的に伝えているのです。

学園は、今月で3期が終了。4月からは第4期に入ります。ということで、今月13日(月)から学校説明会を開催しますので、興味のある方はこちらを読んでおいて下さい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする