あなたの原型を商売に活かそう!

自分の原型がわかると商売が10倍おもしろくなる!


こんにちは、ビジネスプロデューサーの齊藤直です。

まず、質問。

あなたは、「あなたの原型って何ですか?」と聞かれてすぐに答えられますか?

これ、多くの方が答えられないと思います。

なぜなら、自分の原型を意識して日々の生活・仕事をすることなんて学校でも塾でも教わらないから。

ということで、今日はこれをワークをしましょう。

他人の事例で見る人の原型


人の事例を聞くとわかりやすいと思いますので、まずは齊藤の話から。

結論からお話をすると・・・齊藤の原型は「教師」です。

th_0203_original

別の言い方をすると「教える・伝える・引っ張り出す」です。

解説をしますね。

僕は、体育大を卒業した程のスポーツ野郎でした。

つまり、スポーツが得意なのです。

一般的に、スポーツが得意と聞くと「スポーツをするのが得意」だと思いますよね。

もちろん、ある程度パフォーマンスが高くないと体育大は入学できませんから、僕も一般の人よりは運動能力が高いと思います。

でも僕は、自身がスポーツを行うことよりも、他者にスポーツ指導を行うのが得意でした。

おそらく、高校生くらいからこの気はあったと思いますが、「あっ、教えるほうが上手いかも」ということに気がついたのは、大学生の頃です。

そして大学を卒業して、齊藤が行った仕事は、障害者へのスポーツ指導。

ここでも僕が行っていたのは、「指導」です。

そして、今行っているビジネスプロデュース・コンサルティングという仕事も、「指導」に他なりません。

とここまでのお話でお分かりの通り、自分の過去を紐解くと、自分の原型が何なのかが見えてきます。

繰り返しになりますが、齊藤の原型は「教師」です。

あなたの原型は?


さて、今度は、あなたの番。

齊藤の例をなぞって、今夜はあなたの過去を遡って見ましょう。

最短で、大学生くらいまで。可能なら、小学生の頃まで遡ってみて下さい。

shutterstock_619335491

自分の過去を遡りながら自分の原型を探るポイントは、「具体的に何をやっていたのかを見ずに、やっていたことの本質をみること」です。

この「自分の本質」が分かると、仕事の展開の仕方が大きく変わります。

例えば、齊藤の原型が「セールス(売ること)」なら、僕はビジネスプロデュース・コンサルティングという他者の仕事の応援はせずに、自分の商品づくりを頑張り、それの販売を主な仕事とします。

また、齊藤の原型が「パフォーマンス」だった場合、他者の出版のお手伝いはせずに、自分の本の出版をしたり、自分がメディアに出ることを主に行うでしょう。

なんとなく、わかってきましたか?

自分の原型がわかると、「今やっている仕事のやり方が変わる」のです。

自分の原型を今の商売の当て込んでみる


ということで、今日最後のワークは、上記で見つけた「自分の原型」をあなたの商売に当て込んでみることです。

shutterstock_681450961

繰り返しますと、例えば、齊藤の原型が「セールス(売ること)」なら、僕はビジネスプロデュース・コンサルティングという他者の仕事の応援はせずに、自分の商品づくりを頑張り、それの販売を主な仕事とします。

また、齊藤の原型が「パフォーマンス」だった場合、他者の出版のお手伝いはせずに、自分の本の出版をしたり、自分がメディアに出ることを主に行うわけです。

でも、実際には齊藤の原型は「教師」なので、ビジネスプロデュース・コンサルティングを通じて、他者の仕事の応援にまわるのですね。

さて、あなたが見つけた「自分の原型」をあなたの商売に当て込むと、明日からあなたの商売はどんな変化・進化がありますか?

このワークで、見つかったあなたの商売の変化・進化は、是非こちらからお知らせ下さい。

あなたからのレポートを、楽しみに待っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする