GWなど他社(他者)が休んでいるときにすべきこと

練習は他者が休んでいるときこそしっかりやる


こんにちは、ビジネスプロデューサーの齊藤直です。

GW、いかがお過ごしですか?

齊藤は、子どもたちと休日らしい時間を楽しんだり、集中して仕事に取り組んだりと、有意義な毎日を過ごしています。

ちなみに僕は、こうした世の中が止まっている時間(GW、お盆、年末年始)がとても好きです。

なぜなら、この世の中が止まっている時間は、他社(他者)に圧倒的な差をつけることができる時間だからです。

練習は他者が休んでいるときこそしっかりやる


齊藤は、体育大学を卒業しています。

1200px-Nippon_Sport_Science_University_Fukasawa_Campus

つまり、22歳までスポーツばっかりしてきたということです。

スポーツを一生懸命している人の中では「練習は、他者が休んでいるときこそしっかりやる」が、常識です。

他者が休んでいる時に一緒に休んでいる人で、

・全国大会に出場している人
・ナショナルチームに入った人
・世界で指折りの選手になった人

を、僕は見たことがありません。

つまり、スポーツの世界では、暦通りに休暇を楽しんでいたのでは、上位に食い込むことができないということですね。

ちなみに、この「暦通りに休暇を楽しんでいたのでは、上位に食い込むことができない」は、商売(ビジネス)の世界でも同じです。

他者が休んでいるときにすること


では、他者が休んでいる時にすべきことには、どんなことがあるのでしょうか。

office-1548294_1280

これは、その人の商売(ビジネス)のステージによっても異なると思いますが、代表的なものは、

1.今日までに溜まった仕事を一気に片付ける
2.滞っていた連絡調整を全て行う
3.白い紙とペンを用意して新たな事業プランを立てる


の3つかと思います。

このGWは、齊藤もこれを行っています。ちなみに、齊藤のやり方はちょっと変わっていて、1が終えたら2をやり、その後3をやるのではなく、「毎日、1も2も3もやる」をしています。

なぜなら、こうすることで、GWが終わる頃には、仕事脳がとてもいい状態(全ての物事を把握して、いきなり全力で走れる状態)に仕上がっているからです。

他者が動き出した時にすること


次。では、他者が休んでいる時期が明けたら、どうするのでしょうか。

これは、簡単。

あなたは、1と2が済んでいますので、他者が休んでいる時期が明けたら、3(新たなに立てた事業プラン)の実行から取り掛かかえれば良いのです。

ちなみにこのとき、あなたは大きなアドバンテージを手に入れています。

なぜなら、暦通りに休暇を楽しんでいて皆さんは、休み明けは決まって、

・休み中にたまったメール(仕事の連絡調整)の処理
・休み前の仕事の状況の再確認
・今週・来週の仕事のタスク整理


に、1日2日追われます。

この間に、あなたは他者が休んでいる時期につくった3(新たなに立てた事業プラン)を一気に走らせることができるのです。

shutterstock_768890914

これは、商売(ビジネス)において、とても大きなアドバンテージ!

ここで一気に走ることができると、同業他社が追いつく気が失せるほど、あなたは、二歩三歩、いえ、十歩二十歩と、同業他社の前を行くことができるでしょう。

商売(ビジネス)は、他者が休んでいる時期を利用すると、どんどん加速させることができるのです。

他者が休んでいる時期は毎週ある


ちなみに、よくよく考えれば、他者が休んでいる時期は、長期休暇期間だけでなく、「毎週末」にあります。

shutterstock_774730150

つまり、毎週末、あなたはあなたの商売(ビジネス)を加速させるチャンスがあるということです。

そう考えると、ワクワクしますね!

さて、今日は、何から手をつけましょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする