学校でもMBAでも教えてくれない自営業の3区分

従業員は、「employee」、自営業者は「self-employed」


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

このブログをお読みのあなたは、自営業者には「3つの区分」があることをご存知でしょうか?

その3つの区分とは、

・自営業者になれない自営業者
・自営業者
・自営業者から抜け出せない自営業者


です。

自営業者とは


各自営業者の説明に入る前に、まずは自営業者について理解を深めましょう。

自営業者を理解するためには、まずは「従業員」を理解する必要があります。

shutterstock_650396473

従業員は、英語でいうと「employee」と言います。これに対し自営業者は、「self-employed」といいます。

このように英語にしてみると大変良くわかりますが、自営業者とは自分で自分を雇っている従業員(社長だけど従業員)なのです。

まずは、ここまでいいですか?

よければ、ここで問題です。

従業員には必要じゃなくて、自営業者には必要なものは一体なんでしょう?

 ・
 ・
 ・

正解は・・・「値決めできる力」です。

従業員は、与えられ得た仕事を行い、決められた報酬を受け取ります。

これに対し、自営業者は、自分で自分のサービスに対する報酬を決め、労働の都度、自らが提示した報酬を受け取ります。

つまるところ、「自営業者は値決めできることが絶対条件」なのです。

ここまでが「自営業者とは何か」のお話し。いよいよ次は、「自営業者の3区分」に入りましょう。

自営業者になれない自営業者


まずはじめの「自営業者になれない自営業者」

shutterstock_462456184

これは、上記を読んで、なんとなく理解できたことと思います。

そう、自営業者になれない自営業者とは、「値決めができない自営業者」です。

上記の通り、自営業者は値決めができて初めてスタートラインに立てるので、値決めができないのに自営業者を名乗っている人は、「自営業者ごっこ中の人」としか言いようがありません。

もし今あなたがこのステージにいる場合は、自分のサービスの価値をしっかり見定め、サービス価値に見合った価格を顧客に請求できるようになりましょう。

ちなみに、価値は価格を引き上げてくれますが、逆はありませんので、ご注意下さいね。

自営業者


次は「自営業者」です。

shutterstock_591692510

自営業者とは、「自分のサービスに対する報酬を自分で決め、顧客に請求できる人」です。

この人は、自分のサービス価値を自分で評価し、顧客に報酬を求めることができます。

もっと言うと、このステージの自営業者は、自分が求める報酬を支払えない顧客には、サービス提供を断ることができます。

と言うと、一見全ていいように思うかもしれませんが・・・実はこのステージの自営業者は、「自分のサービスの価格を現状より上げることができない」という悩みを常に抱えています。

俗に言う「値上げができない」という悩みです。

ちなみに、「自営業者になれない自営業者」も当然の様に値上げができませんが、自営業者になれない自営業者と自営業者は、簡単に見分けることができます。

それは、自営業者になれない自営業者は、今月の生活ができないのに対し、自営業者は今月の生活はできている点です。

自営業者は、今月の生活は問題なくできるものの値上げができないので、仕事も生活も次のステージに進むことができないのですね。

自営業者から抜け出せない自営業者


最後は、「自営業者から抜け出せない自営業者」です。

shutterstock_127772297

「自営業者から抜け出せない自営業者」とは、つまりは、労働を自分から切り離せない自営業者です。

自営業といっても、その規模はピンからキリまであり、事業規模が大きい場合は自営業でも10億円を越えることでしょう。

このくらいの事業規模になると、仕事は全て従業員さんにお任せできて何らおかしくないのですが、自らが第一労働者として商売をスタートした場合、このくらいの事業規模になっても、自分が会社の歯車分の一つとして動かないと仕事が回らない!ということがよくあります。

これ、別に悪いことではなのですが、自らが会社の歯車の一つとして稼働していると、いつまでたってもその人は次のステージ(ビジネスオーナー)になることができません。

つまるところ、ビジネスオーナーになりたければ、自らが会社の歯車の一つになってはいけないということですね。

あなたはどのタイプ?


さて、ここまでをお読みになって、あなたはどのタイプの自営業者だったでしょうか。

shutterstock_488702317

もしあなたが「自営業者になれない自営業者」だった場合、今日この瞬間から、自らが提供するサービスの価値とそれに見合った価格付を癖づけて下さい。

また、もしあなたが「自営業者」だった場合、今日までのサービス価格を明日から1.5倍にするためには何をどうしたら良いのかを考えてみましょう。

また、もしあなたが「自営業者から抜け出せない自営業者」だった場合、自分がいなくてもまわる会社のチームづくりを0から設計し直してみましょう。

まとめ


ということで今日は、「学校でもMBAでも教えてくれない自営業の3区分」というテーマでお話しをしました。

ちなみに、同じ自営業でもこれらの区分ごとで、行うべき事業経営や集客はことなります。

これについては、また別の機会にお話しますね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする